Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

100日の郎君様あらすじ視聴率はどうだった?

100日の郎君様 あらすじ視聴率

韓国ドラマ『100日の郎君様』のあらすじネタバレや感想・視聴率を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきます!

 

本作では、ド・ギョンスとナム・ジヒョンのケミが光っています。

 

ド・ギョンスとナム・ジヒョンが劇中

  • ユルとウォンドゥク
  • ホンシムとイソ

という、同一人物ですが、状況が正反対である二人のキャラクターを演じているのは必見です。

 

世子のユルが陰謀から記憶を失い、庶民のウォンドゥクとなって、ナム・ジヒョン演じるホンシムと100日間夫婦となる物語。

 

韓国ドラマ『100日の郎君様』のあらすじネタバレや感想・視聴率を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法を知りたい方はお見逃しなく!

 

『100日の郎君様』概要

  • 放送:tvN 2018年9月10日~2018年10月30日
  • 演出:イ・ジョンジェ『デュエル~愛しき者たち~』
  • 脚本:ノ・ジソル『僕には愛しすぎる彼女』『女の香り』
  • 話数:全16話

 

100%事前制作ドラマです。

 

EXOのメンバーとしても活躍するド・ギョンスの時代劇初主演作!

 

ド・ギョンスはクールな世子イ・ユルと、マイペースなウォンドゥクの一人二役とも言える役柄に挑戦しています。

 

テレビ話題性のドラマ部門で、自己最高記録と共に3週連続1位をキープしました。

 

ニュース、VON、SNS、動画の4部門でテレビ話題性ポイントが2週連続1位にランクインする成績を打ち出しています。

ミオ

ミオ
必然的な結婚と運命的な愛の行方を美しい映像で綴っています。

ユルの記憶が戻るのかや宮廷に渦巻く陰謀の真相などが見どころの一つとなっています。

『100日の郎君様』あらすじ・ネタバレ

 

心を閉ざした世子となる

王族イ・ユルは、近所に住む元内禁衛将の娘ユン・イソに出会います。

 

活発でかわいいイソに心を奪われたユルは、幼いながらも大きくなったらイソと結婚すると宣言します。

 

ある日、イソの家に行ったユルはイソの父親が殺されるのを目のあたりにしますが、全ては父親が王になるための謀反だったと知ります。

 

逃げたイソとその兄はそれきり連絡が取れなくなり、大好きだった母親も死んだと聞かされたユルは、世子となりますが固く心を閉ざしてしまいます。

 

16年後、「気に食わないのは私だけか?」という言葉ばかり言う無愛想な世子に成長したイ・ユル。

 

特に、数ヶ月間、続く干ばつで民衆の心配が深まると陰陽の調和のために世子嬪キム・ソヘと床入りをしなければならないという大臣の意見が最も気に食わなかったのです。

 

イ・ユルは「来月の大晦日までに全国の怨女、曠夫をすべて婚姻させろ」という命令を下します。

 

その命令が晴天の霹靂だったのはホンシムでした。

 

養父に「私には婚姻する人がいます。あそこの川を越えた村にいるウォンドゥク」とし、軍役に行ったウォンドゥクを言い訳にします。

 

その頃、宮廷ではイ・ユルが胸痛で倒れ、跡継ぎを心配する大臣たちの声が大きくなります。

 

煎じ薬を飲むとむしろ胸痛がひどくなることに気付いたイ・ユルは医官に会って煎じ薬と一緒に飲んではいけない食材を誰かがわざと入れたという事実を知ることになります。

 

自分を毒殺しようとする者を調べるためにドンジュと潜行に乗り出し、行方をくらませていた内医院の女を見つけ出します。

 

「お前の口をふさぐ者、私を殺そうとする者、それは誰か?」というイ・ユルの質問に真実を明らかにしようた内医院の女は軍卒の矢によって殺されてしまいます。

 

軍卒を逃し戻ろうとしたイ・ユルはユン・ソクハに会うために、漢陽に来たホンシムと桜の木の下で出くわします。

 

絹の韓服を着たホンシムは幼い頃のユン・イソの姿そのままでした。

 

頭を覆っていたスカートを脱いだホンシムの顔を見てユン・イソを思い出したイ・ユル。

 

一歩近寄り、目が合ったホンシムは急いでその場を立ち去ります。

 

イソが生きていたら、ああなっていたはずだとホンシムを追いかけますが、見逃してしまいます。

 

記憶喪失に

宮殿内に自分を殺そうとする動きがあることを知り、それについて調査していたユルは、信じられない事実をつかみます。

 

毒殺の理由が世子嬪の懐妊のためだと知ったユルは、「私の親しい友人の女が1度も床入りをしてないのに懐妊したらしい。もし、私なら『あなたとあなたの家はこれで終わりだ』と言う前に自分で判断を下すだろう」と密かに警告します。

 

一方、ホンシムはユルの命令にもかかわらず結婚を拒み続けますが、ソンジュヒョンに住むパク令監に5番目の妾にならないかと話を持ち掛けられます。

 

ユルは世子嬪の問題を解決する前に、王の命令を受けて雨ごいの祭りを過ごすために山へ行きます。

 

山の中を歩いていたユルはキム・チャオンの命令を受けたムヨンの連中たちから奇襲を受けます。

 

これに護衛武士のドンジュは、ユルの王世子の服と自分の服を交換して着て各自逃げます。

 

ムヨンはドンジュがユルだと勘違いして、彼に矢を放ち、心臓に矢が刺さったドンジュはそのまま断崖に墜落します。

 

ホンシムの養父ヨン氏は森の中で用を足していたときに意識を失って倒れたユルを見て驚きます。

 

ヨン氏は弓に撃たれたユルを数日間、誠心誠意をもって看病して意識を取り戻したユルは「私が誰なのか分からない」と言います。

 

その頃、ホンシムはパク令監との5番目の妾を拒否して鞭で打たれました。

 

「許嫁のウォンドゥクという人がいる」と主張して30回以上むちで打たれますが、ヨン氏が現れて「軍役に行っていたウォンドゥクが帰ってきた」と大声で叫びます。

 

これに使道が「嘘をつくな」と怒るとヨン氏はウォンドゥクを呼びます。

 

すると官衙の扉が開いて記憶を失ったイ・ユルがウォンドゥクという名前で登場します。

 

結婚する

ヨン氏に自分はホンシムのいいなずけのウォンドゥクだと教えられたユルが現れ、県監はしかたなくホンシムを釈放します。

 

「待っていた許嫁が来たので皇太子の命令に従います」と、ようやく解放されたホンシム。

 

みすぼらしいわら葺の家も、ホンシムの態度も気に入らないウォンドゥクは「この状況、私だけが気に食わないのか」と言います。

 

「実は、ウォンドゥクは記憶消失なんです」というホンシムの言葉に困惑しながらも、「覚えてもいない女性と婚礼を上げることはできない」と結婚を拒否します。

 

パク令監がホンシムをまだ妾にしようとするため、ホンシムが「たった1つ忘れてはならないことががいる。水車小屋での夜」と機転を利かせ、そのおかげで危機を免れます。

 

水車小屋でも蘇らない記憶に「君を見る私の心も、私の心臓も、何も感じない」と言うウォンドゥク。

 

「助けて。あなたが行ってしまえば、私はパク・ヨンガムという人の5人目の妾になってしまう」というホンシムの切実な眼差しで手をつないで婚礼の儀式へと向かうウォンドゥク。

 

そして、婚礼を挙げる二人。

 

ホンシムは軍役の対価を受け取るためウォンドゥクと上のほうにある村へ向かいます。

 

山道で通行料を出せと立ちはばかる輩やちに会ったホンシムは「こんな脅迫に私が怖がると思う?早くどかないと官衙に行って報告する」と対抗します。

 

しかし、我に返ってみるとウォンドゥクとホンシムはむしろでぐるぐる巻きにされて身動きが取れなくなっていました。

 

抜け出すために一緒に転がろうと言うホンシムの提案に「私は転がりたくない。私はこのままいなければ」とホンシムを真剣に見つめるウォンドゥク。

 

その頃、宮殿ではユルが行方不明であることは隠され、秘密裏に見つかるはずもないユルの捜索が続けられていました。

 

思い出せず辛い

ウォンドゥクを生まれ育った村へ連れていこうとしたホンシムでしたが、ヨンさんの差し金で結局は村へ行けずソンジュヒョンに戻ってきます。

 

記憶はなくとも世子としての暮らしが身に付いているウォンドゥクは、高利貸しにだまされ30両もの大金を借りて高級品をそろえたうえに家の修繕をしようとします。

 

ウォンドゥクが高利貸しにまで手をつけ、反省どころか自分の過ちにも気付いていなかったためホンシムは怒ります。

 

長官の前で頭を下げる村の人々を見てふと記憶を思い出したウォンドゥク。

 

「五体満足で生まれた男がなぜ何もしないの?」というホンシムに「僕はウォンドゥクがではないから」と答えます。

 

仕事をしたくないから言った言葉だと思ったホンシムは桜の木を指し、「私とこうやって指きりして約束したじゃない。何不自由ない暮らしをさせてあげるって。私を恋い慕ってたから」と言い逃れします。

 

ウォンドゥクは「私が恋い慕ってた男はちゃんと約束を守る人だったから」というホンシムの言葉に気持ちが複雑になります。

 

一方、ユルが行方不明だと聞いたジェユンは、この事件と内医女の殺害事件に関連があるのではないかと考え内医女を射た矢を作った人物を捜し始めます。

 

次の日、水がめを運ぶために山に行っウォンドゥク。

 

世子の遺体を探しに出かけたキム・チャオンと遭遇するところでしたが、雨ごいの祭りの記憶をふと思い出しながら頭痛で倒れ辛うじて危機を免れます。

 

家に帰ってきたウォンドゥクは水がめを割ったという知らせに腹を立てるホンシムを真剣な表情でつかみます。

 

「僕もつらい。僕が誰なのか分からないから。記憶を思い出させてくれ。僕があなたを恋い慕っていた記憶」と言って突然ホンシムの胸の中にどさっと倒れます。

 

兄と再会するホンシム

倒れたウォンドゥクを夜通し看病するホンシム。

 

翌日には回復し、水がめもまともに持てないのかと怒るホンシムに、ウォンドゥクは自分がどういう人間だったのか教えてくれと頼みますがホンシムには答えられません。

 

ウォンドゥクが字を読めると知ったホンシムは、本の筆写で稼ごうと考えます。

 

一方、死んだのが世子ではないと気付いた左相ですが、王にはユルの死体だと告げる一方で、ムヨンに必ずユルの死体を見つけ、仮に生きていた場合は殺せと命じます。

 

新たに指示を受けてチョヌ山に向かったムヨンら左相の刺客たち。

 

痕跡がつかめないことから近隣の村へ足を運び、そこでムヨンはホンシムと再会します。

 

一目で兄のユン・ソクハだということに気が付いたホンシム。

 

離れたくないと泣きすがるホンシムに、ムヨンは今回の件が終わったら一緒に逃げられるから待ってほしいと言い再び去っていきます。

 

一方、2人の姿を見ていたウォンドゥクは、ムヨンの正体が気になってきます。

 

ウォンドゥクはホンシムが待ち焦がれる男がムヨンではないのかと思っていました。

 

「兄よ。十年前に生き別れた兄に偶然再会したの」というホンシムの話を聞いてようやく笑顔を見せるウォンドゥク。

 

「幸いではないか。おまえは兄が生きていることを知り、私はおまえが待っている男が愛人ではないことを知ったのだから」とホンシムの手をつかんで、黙って一緒に歩きます。

 

宮殿ではユルの遺体を確認したヤン内官が、遺体がユルでないことに気付づくとヤン内官を殺します。

 

ユルが残した謎を解くために世子嬪の家に潜入したチョン・ジェユンも世子嬪を呪う札を回収しにきたオン王妃の付き人と一緒につかまってしまいます。

 

ウォンドゥクの正体は…

パク令監が差し向けた男たちにさらわれたホンシム。

 

それを聞いたウォンドゥクはホンシムを助けるために言われた場所へ向かいます。

 

太刀打ちできないから逃げろというホンシムの言葉とは裏腹に、ウォンドゥクは木の枝1本で4人の男を退治します。

 

それを見たホンシムはウォンドゥクの正体を疑い始めます。

 

一方、ユルからの密書を受けたジェユンは“踵”の意味を追っているうちに教然堂へ入り、そこで左相たちに捕まってしまいます。

 

父親からウォンドゥクがウォンドゥクではなく、死にそうになっていた男を助け記憶喪失だったのでウォンドゥクにしたと聞いたホンシムは大きなショックを受けます。

 

しかし既に特別な感情を抱き始めているホンシムは、簡単にウォンドゥクに真実を告げることができませんでした。

 

そんな中、官衙でウォンドゥクの戸籍を見た衙前は村のみんなでウォンドゥクの誕生日を祝う計画を立てます。

 

ウォンドゥクとホンシムが夫婦になり、さらにウォンドゥクが記憶消失という事実に大きな衝撃を受けたムヨン。

 

結局、ホンシムを訪ねて再会した兄妹は10日後に旅立つことを約束します。

 

しかし去る前に、キム・ソヘに会って背を向けたムヨンは矢に打たれてしまいました。

 

仕事で上の村に行って自分と同じ名前の男に会ったウォンドゥク。

 

家に帰ってきて「私をそこに送った理由は何なのか」と尋ねます。

 

ホンシムは「あなたが必ず知っておくべきことがあって」と答えます。

 

「私がウォンドゥクではないことをか?」と言うウォンドゥクを見たホンシムは「そう、あなたはウォンドゥクではない」と答えます。

 

一方、宮殿では呪符を仕掛けた中殿とソウォン大君廃位の動きが高まります。

 

キスをする

秘密を知って怒ったウォンドゥクに「あなたを利用したの。婚姻するふりをするために」と嘘をついた理由を明らかにしたホンシム。

 

しかしウォンドゥクの「私の心はどうするつもりだ」という問いにはとても答えることができませんでした。

 

ウォンドゥクは記憶を探すためにヨン氏と一緒に自分が最初に発見されたチョンウ山を訪れました。

 

「俺はお前がただのウォンドゥクで、俺の婿だったら良いのに、このまま暮らすことはできないか」というヨン氏のお願いを後にして一人で山を歩いていたウォンドゥク。

 

不意に目の前に自らに向かって飛んでくる矢が幻視のように現れます。

 

家に帰ってきたウォンドゥクはホンシムに「お前が言った言葉のどこからどこまでが嘘なのか」を尋ねます。

 

「私が終わらせるまで、お前は私の女であり、私はお前の郎君だ」と婚姻を破棄することがないと言います。

 

新しく村の県監として赴任したチョン・ジェユンは王の下賜品を渡すためにウォンドゥクを官衙に呼びます。

 

村で王世子の顔を知っている唯一の人物ですが、顔面認識障害により全く気付きませんでした。

 

王への貢ぎ物を運ぶために宮に行くという一行について「記憶を探しに」漢陽に向かったウォンドゥク。

 

宮で内禁衛の兵士を追いかけるウォンドゥクを偶然見たキム・スジは、ムヨンに「世子邸下とそっくりな人を見た。田舎から来た男らしいが」と納得できない状況を説明します。

 

不安になったムヨンはウォンドゥクを追いかけ剣を突きつけますが、怪我が治っていないためウォンドゥクの優勢となります。

 

ウォンドゥクは「お前は私が誰なのか知っているだろう。答えろ。私は誰だ」と聞きます。

 

ウォンドゥクが漢陽に向かう時から「なんだか戻ってこない気がする」と不安だったホンシムは村の入り口でウォンドゥクを待っていました。

 

「偽の婚姻で、本当の郎君でもないのに、どうしてこんなに胸が痛むの」と力なく背を向けたホンシムはそこに立っているウォンドゥクを発見します。

 

「来ないと思った。記憶は戻ったの?」と尋ねたが、ウォンドゥクはただ黙って見つめるばかりでした。

 

「記憶が戻ったら戻ってこないと思った」というホンシムの頬を両手で包み、ウォンドゥクはキスをします。

 

世子だと告げられる

キスとともに久しぶりに降った雨に避けるために水車小屋を訪れたウォンドゥクとホンシム。

 

ホンシムに記憶を取り戻すことができなかったと話したウォンドゥク。

 

実はムヨンから「あなたはすべての人の記憶の中で死んでいなくなった人だ。あなたの存在が明らかになる瞬間、多くの人が死ぬことになるだろう」という意味深な話を聞いていました。

 

ジェユンとパク令監の弓対決の賭けでウォンドゥクが標的になるという事を提案するウォンドゥク。

 

飛んできた矢を見た瞬間、内医女が矢に刺されて倒れたシーンが思い出されます。

 

弓対決の知らせを聞いてウォンドゥクを探しまわっていたホンシム。

 

家で悠々自適に草履を作っているウォンドゥクを見つけると「どうして矢が飛んでくるのにただ立っていたの?そんな人じゃなかったでしょう」と怒ります。

 

「私は何も思い出したくない。お前のそばにいたいから」と自分が本当に望むことについて話します。

 

ウォンドゥクの言葉に涙がこみ上げてきたホンシムは、「兄に会えば私は生涯どこかに隠れて生きなければならない。こんな私でもよければ、一緒に行く?」と聞くと、ウォンドゥクは涙ぐむホンシムを抱きしめます。

 

チョン・ジェユンもまたウォンドゥクの正体に徐々に近づいていました。

 

ウォンドゥクの筆跡と声がユルと全く同じことに気がついたジェユンはウォンドゥクを訪ねていき文字を書かせようとします。

 

ジェユンの不振な行動にウォンドゥクは文字を書くことができるという事実を隠します。

 

疑いがますます深まる中でソウォン大君の世子冊封という知らせに漢陽に上京したジェユンは遊女のエウォルが描いたウォンドゥクの顔を従事官クォン・ヒョク(に見せます。

 

ウォンドゥクと世子が同一人物であることを知ったジェユンは「邸下とそっくりなこの男は、邸下であられる」という言葉を残して急いでソンジュヒョン村に戻ってきました。

 

ウォンドゥクとホンシム、そしてヨン氏は旅立つ準備をすべて終えたが、ムヨンは現われませんでした。

 

端午祭を楽しむために市場に出ていたウォンドゥクの前にキム・チャオンが現れ、ウォンドゥクの前にひざまずき、「宮に戻らなくてはなりません。世子邸下」と言います。

 

イソを思い出す

自分が世子だと聞き、動揺を隠しきれないウォンドゥク。

 

左相はウォンドゥクの記憶がないことを確認すると、ユルを襲わせたのは中殿であるとうそをつき、冊封式を中止させるためにユルを宮殿へ連れていきます。

 

同じく世子嬪のおなかの子が自分の子だと思い込まされたユルは、ホンシムのことを忘れねばと思いますがうまくいきません。

 

同じく市場から何の前触れもなく連れ去られたホンシムは、兄からウォンドゥクが世子だと聞き、大きなショックを受けます。

 

「彼と結婚していたことも、彼を恋慕していた心も、もうお前のすべての記憶から消し去らなくてはならない時だ」というムヨンの言葉にホンシムは悲しみます。

 

自分のいるべき位置に戻ったユルは王と大臣たちの前で「記憶を失っていた。そんな私を見つけて宮に戻らせたのが左相だ」とキム・チャオンの肩を持ちます。

 

世子嬪のキム・ソヘもお腹の中の子供がユルの子ではないという事実を徹底的に隠します。

 

何も覚えていないユルは「今後、努力するつもりだ。私の子供を妊娠した女性を泣かせることもできないから」とソヘの言葉を信じます。

 

宮でチョン・ジェユンに会ったユルは「あの人はどうなったのか」とホンシムについて尋ねます。

 

ジェユンは「ソンジュヒョン村での出来事はすべて忘れてください」と言います。

 

ホンシムに会いたくてソンジュヒョンへ行くユル。

 

しかし、ホンシムに自分たちの縁も終わりだと突き放されてしまいます。

 

宮に帰ってきたユルもジェユンに「あの人を探せ。そして守れ。どこへ行こうとも、どこにいたとしても、無事であるように」という命令を下すことしかできませんでした。

 

明の使節団の公子が姿を消し、ワン学士から公子を見つけることで世子の資質を検証すると持ち掛けられたユル。

 

ワン学士に公に捜してほしくない理由があると感じ取ったユルはジェユンとホンシムの働きで無事に公子を見つけます。

 

そして、ワン学士から左相とその一派に気を付けろと忠告を受け、左相に疑念を抱くようになります。

 

ユルを忘れろというヨン氏に「私も分かってる。全部分かってるけど、思うようにできないのをどうしろというの」と家を出たホンシムはモジョン橋まで歩きます。

 

ユルもモジョン橋に到着し、2人は再会します。

 

ユルはホンシムを見ると、子供の頃に舞い散る桜の下に立っていたイソの姿が自然と浮かび、「イソ」と呼びます。

 

振り向いたホンシムに「やっぱりそうだ、ユン・イソ」と話すユルの言葉に驚いたホンシム。

 

ホンシムは「邸下がその名前をどうして知っているんですか」と尋ねると、涙ぐんだ瞳でユルは「僕だ、まぬけ」と言います。

 

子供の頃から大事にしていた赤いテンギを見せて「ずっと、お前が恋しかった」と変わらない気持ちを告白します。

 

ユルは自分の後を追う怪しい男がいたため「今はこのように別れるが、近いうちに私がお前のもとに行くだろう」とホンシムの横を通り過ぎます。

 

その後、ムヨンの後をつけていたホンシムが別の資格に脅されていたところをユルが助けます。

 

相変わらず自身を「邸下」と呼ぶホンシムに「今、お前の目の前にいる者は世子ではない。ウォンドゥクだ」とキスをします。

 

全てを思い出す

日記を読み全てを思い出したユルは王である父に左相との縁を断ち切ると宣言します。

 

そして、復讐の刃は誰にも渡さず左相を殺すことになっても自分が殺すと告げます。

 

左相の家に向かったユルは、宅内を捜しているうちにとらわれているムヨンを見つけます。

 

彼の後を付けたユルは、ムヨンがホンシムの兄だと知り衝撃を受けます。

 

ユルはムヨンに「左相の指示で私を殺そうとした、これまでのことをすべて明らかにしろ」と最後のチャンスを与えます。

 

しかしムヨンは世子嬪の子供が自分の血筋であることを知らせ「すべての罪は私にあり、私を罰して、私の妹と世子嬪を生かしてください」と懇願します。

 

どうしても自らの手でホンシムの兄を殺すことができなかったユルはソヘが外出している間に殺されたことにして宮の外に追い出し、一人になったソヘのもとにムヨンが訪れます。

 

この知らせを聞いてすぐにソヘとムヨンを追ったキム・チャオン。

 

彼が送った刺客と戦いながらソヘを守りぬいたムヨンでしたが、最終的に矢に撃たれて倒れてしまいます。

 

「私がお前を探しに行くだろう。お前が来世に花に生まれようが、木に生まれようが、私が風になってお前を探しに行く」というムヨンの最後の言葉を聞きながらソヘは号泣します。

 

キム・チャオンは直接ムヨンの心臓に刀を刺し、息を引き取ったムヨンを一歩遅れて発見したホンシムは涙を流します。

 

再び宮に戻ったソヘを見て怒りに包まれたユルはキム・チャオンに日記を投げつけます。

 

そして「左相、あなたは今日で終わりです。あなたの手で連れてきたあなたの娘があなたが犯した悪行をすべて証言してくれるでしょう」という言います。

 

「世子邸下が国を、民を救わなくてはなりません」と明と女眞の戦争にユルを送ろうとします。

 

「邸下は何もすることができません。ユン・イソ、あの娘が私の手にうちにいます」と脅迫します。

 

2人の未来は?

戦争を仕掛けたのが左相だと知った王は、ユルが戦場へ行くことに強く反対します。

 

しかしユルは左相のわなだと知りつつも戦場に向かいます。

 

ユルは左相を追い詰めることに成功しますが、苦痛を味わわせながら生かすという思惑をよそに左相は命を落とします。

 

ユルはホンシムを探し「もしかしたら左相に悪さをされたのではないかと心配した。危険な場所までどうしてきたのか」言います。

 

ホンシムは「邸下のためではありません」と言います。

 

ユルは「ユン・イソという名前を取り戻せ。身分の復権をさせよう。私との婚姻前に戻ってもいい」と言います。

 

ホンシムは兄ムヨンから世子嬪が妊娠した子供がムヨンの子供だという事実を聞いていました。

 

ホンシムは「私を許さないでください。私も邸下にとっては罪人です」と頭を下げます。

 

ユルは「私に言いたいことはそれだけなのか。私を恋慕しているとは言ってくれないのか」と聞きます。

 

ホンシムは背を向けて涙を流し、「私は邸下がお望みの答えを差し上げることができません」とその場を去ります。

 

1年後、王に代わって代理聴政をするユル。

 

臣下は干ばつを口実にユルに婚姻するよう要請しましたが、ユルはその要請を切り捨てます。

 

王は思いを寄せる女性がいると話す世子に「フラれのか」と聞きます。

 

ユルはしぶしぶ認めつつ「私のせいだけではありません」と言います。

 

王はチョン・ジェユンに妙策を尋ね、彼は一つの方法を告げます。

 

ジェユンのアドバイスに基づいて王は病気になったふりをして世子に王位を譲ると言います。

 

「その前に婚姻をせよ。全国の結婚適齢期を過ぎた男女をすべて婚姻をさせろ」と命じます。

 

ユルは王のもとへ行き安否を尋ね、王は「座り続けていたら、お尻から膿が出てきて治る兆しが見えない」と冗談を言います。

 

ユルが本当の理由を知りたがると王は人生を回顧し「私は顔色を見ながら生きたが、お前はお前の人生を生きなさい。人々の視線よりもお前の心がより重要だ」と言います。

 

ジェユンはユルに「ソンジュヒョンに行く」と伝えて休暇を出し、ホンシムのところへ行って「もう怨女の暮らしを止めて婚姻しましょう」と言います。

 

ちょうど王の命令に従うために官衙に怨女と曠夫が集められて団体でのお見合いが行われようとしましたが、ジェユンは「数もぴったりだし、早く決めてしまいましょう」と催促します。

 

この時、「今、私だけ不便なのか」という言葉とともにユルが登場します。

 

ユルも参加し、ホンシムはジェユンを選び、ジェユンは彼女に初めての出会いから恋に落ちたことを告白します。

 

2人を見て怒ったユルはジェユンを呼びだし、ジェユンは「今回もあの女性を捕まえることができなかったら、私が本当に婚姻しますよ」と脅します。

 

ユルはホンシムに自分の気持ちを伝えましたが、ホンシムは「一人の女性の男ではなく、聖君となる道を選んでください」と断言します。

 

ユルは宮に戻ると言いますが、ホンシムが今でも「何でも屋」を開いていることを口実に自分がここに来る途中に落とした書物を見つけてほしいとお願いします。

 

書物はホンシムと別れたときからユルが書いてきた日記で、ホンシムを思う切ない心情が綴られていました。

 

日記の内容を確認したホンシムは自分の家に向かい、そこにはユルが待っていました。

 

ホンシムは日記を見たと告白し「あれほどつらい話はもう書かないでください」と言います。

 

ユルはホンシムに「宮に行こう」と言い、キスをします。

 

ソンジュヒョンの仲間たちはわらぶき屋根の上から桜の花びらをまいて二人を祝福します。

ミオ

ミオ
ドキドキハラハラ、胸キュンの連続でしたね。
シオン

シオン
偽の夫婦となった二人が徐々に心を通わせていくのが見どころのひとつではないかと思います。

キスシーンや映像も素敵で、釘付けになる事間違いなしですよ。

>>いち早く動画日本語字幕で無料視聴する

『100日の郎君様』視聴率は?

 

  • 第1話:5.0%
  • 第2話:6.2%
  • 第3話:6.0%
  • 第4話:7.3%
  • 第5話:4.4%
  • 第6話:6.9%
  • 第7話:7.9%
  • 第8話:9.2%
  • 第9話:9.1%
  • 第10話:10.3%
  • 第11話:10.1%
  • 第12話:11.2%
  • 第13話 11.3%
  • 第14話 12.7%
  • 第15話 12.2%
  • 第16話 14.4%

 

  • 最高視聴率:4.4%
  • 最低視聴率:9.0%
  • 平均視聴率:14.4%
ミオ

ミオ
視聴率は1話から右肩上がりとなっていますね。

最終回では、地上波を含め全体月火ドラマの最強者として完璧なハッピーエンディングを迎えています。

シオン

シオン
歴代tvN視聴率順位は、

  1. トッケビ 20.5%
  2. 応答せよ1988 18.8%
  3. ミスターサンシャイン 18.1%

に次ぐ4位となりました。

視聴率の高さからもわかるように、とても人気のあったドラマのようですね。

>>いち早く動画日本語字幕で無料視聴する

『100日の郎君様』あらすじの感想をネタバレ!

 

 

 

 

 

>>いち早く動画日本語字幕で無料視聴する

『100日の郎君様』あらすじ・ネタバレのまとめ

韓国ドラマ『100日の郎君様』のあらすじネタバレや感想・視聴率を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介しました。

 

テレビ話題性の出演者部門では

  • EXOのディオが3週連続1位をキープ
  • ナム・ジヒョンが4位
  • ハン・ソヒが6位
  • チョ・ソンハが7位
  • キム・ソンホが8位

を記録しました。

 

仮想の朝鮮時代を背景にロマンスコメディの甘さと楽しさに引き込まれること間違いなしの作品となっています。

 

『100日の郎君様』を見ようか迷っていた方も知らなかった方も、当サイトを読んでいただいて、一緒に『100日の郎君様』を楽しみましょう。

>>いち早く動画日本語字幕で無料視聴する

 

The following two tabs change content below.
れい

れい

30代の主婦で、子供2人と毎日バタバタしながら暮らしています。 韓国ドラマを見ること趣味で、空き時間に毎日少しずつ見ることが息抜きとなっています。 特にラブコメを見ているときは幸せな気持ちになれます。笑
※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。 ※本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
徹底比較!韓国(韓流)ドラマおすすめ動画配信サービス(アプリ・サイト)

 

あなたが視聴したいドラマのフル動画を無料視聴できる『動画配信サービス(サイト・アプリ)』をご紹介していきます!

  1. まずは見たい動画があるのか
  2. その他にも楽しめる動画が多くあるのか
  3. 利用したい機能やサービスがあるのか
  4. 無料視聴期間だけ利用したいのか
  5. 無料視聴期間が終わっても利用するなら“コスパ”も

これらを念頭に、動画配信サービスを選んでみるとお得感が味わえるだけでなく、あなたにとって失敗しない動画配信サービスとなりますよ♪

ビデオマーケット
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
毎月540Pの配布で新作や人気の作品をレンタルすることも可能な元祖動画配信サービス。

NHKからフジテレビ系の動画も視聴可能で、旧作国内ドラマに強い印象です。

無料視聴期間 1ヶ月
配信本数 160,000以上
おすすめポイント まとめ買いで50%OFFあり
月額料金 500円〜

ビデオマーケットで無料視聴詳細をみる

ビデオパス
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
au利用者なら最大限お得感を味わえる動画配信サービス。

毎月もらえるビデオコインで新作が無料でレンタルできます。

無料視聴期間 30日間
配信本数 10,000本以上
おすすめポイント 映画館でも割引あり
月額料金 562円〜

ビデオパスで無料視聴詳細をみる

Hulu
https://k-dorapen.love/
海外ドラマ・映画好きには欠かせない動画配信サービス。海外ドラマ・映画だけならダントツでおすすめ!今後、韓国ドラマの配信本数が増えていく予定!?
無料視聴期間 14日間
配信本数 13,000以上
おすすめポイント 新作追加頻度が高い。

追加料金が発生しない

月額料金 933円

Huluで無料視聴する詳細をみる

FOD(フジテレビオンデマンド)
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ

韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ

フジテレビ発の動画配信サービス。フジテレビ番組の見逃し配信はもちろん、80誌以上が読み放題。
無料視聴期間 1ヶ月
配信本数 10,000以上
おすすめポイント 月9ドラマは独占配信!

オリジナルバラエティ番組が超充実!

月額料金 888円〜

FODで無料する詳細をみる

dTV
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
docomoが運営する動画配信サービス。最も低価格な動画配信サービスとして500万人以上の会員数を誇り、韓流・アジアドラマの特集が多く、旧作の韓国ドラマも充実!
無料視聴期間 31日間
配信本数 120,000以上
おすすめポイント ダウンロードも可能で、docomo利用者は圧倒的コスパ!
月額料金 500円

dTVで無料視聴する詳細をみる

TSUTAYA DISCAS
http://k-media.site/
TSUTAYAが運営するネット宅配サービス。延滞金もかかることなく安心して全ジャンルを楽しむことができる。他の動画配信サービスで出てない作品も新旧揃っていることが多い
無料視聴期間 30日間
配信本数 約50,000
おすすめポイント TSUTAYA利用者は断然おすすめ!

レンタルに行く必要も一切なく、Tポイントも貯まる

月額料金 933円〜

TSUTAYA DISCASで無料視聴詳細をみる

U-NEXT
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
圧倒的人気と信頼のある動画配信サービス。雑誌はもちろん、全ジャンル対応で4台同時再生可能だから大切な人と共有できるコスパの良さが魅力。K-POPなどの音楽番組やライブ映像、バラエティ番組も超充実!
無料視聴期間 31日間
配信本数 120,000以上
おすすめポイント 韓国ドラマは圧倒的作品数

どこにしたら良いのか迷っている方はU-NEXT一択。

リトライキャンペーンもあるから2ヶ月無料視聴も可能!

月額料金 1,990円

U-NEXTで無料視聴詳細をみる

これらの動画配信サービスには全て無料期間がついています!

みたい作品があるところを登録して、解約しながら回ってもいいですよね♪

しかし、これらの無料期間やキャンペーン自体が予告なく変更・終了されることがあります。

あなたもまずは無料期間が最長である今のうちに、試してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
アバター

みお

韓国アイドル・ドラマペンです♡ とにかく韓国情報に敏感なので便利な情報を含めてお届けしています!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

100日の郎君様 感想

100日の郎君様の感想は面白い?評価や口コミ評判まとめてみた

100日の郎君様 キャスト相関図

100日の郎君様キャスト相関図!出演登場人物を画像付きで紹介!

100日の郎君様 日本放送予定日

100日の郎君様日本放送予定日はいつ?見逃し無料動画がお得!

100日の郎君様 最終回 結末

100日の郎君様の最終回結末あらすじは?無料動画の視聴も