Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

秘密の扉動画7話を日本語字幕で無料視聴するには?

秘密の扉 動画 7

韓国歴史ドラマ『秘密の扉』第7話のあらすじネタバレや感想を含め、動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきます!

 

また『秘密の扉』動画日本語字幕第7話を無料視聴する方法も併せてご案内します!

 

前回『秘密の扉』動画日本語字幕第6話では、世子ソンがジョンウンの遺した「血文字」の謎を解き明かしました!

 

そしてフンボクが遺した画帳をヒントに犯人は「班次図」に記されている・・・

 

『秘密の扉』動画日本語字幕第7話はソンたちが「班次図」を確認するシーンから始まります。

 

ついにフンボク殺人事件の犯人が分かるのでしょうか?

ミオ

ミオ
韓国歴史ドラマ『秘密の扉』第7話のフル動画を日本語字幕で無料視聴できる配信サイトを知りたい方はお見逃しなく!

>>今すぐ無料動画でみる

『秘密の扉』動画日本語字幕第7話のあらすじ・ネタバレ

 

班次図

 

世子ソンとジダムたちは血文字の謎を解き明かします。

 

謎の答えはフンボクの班次図にある、とソンは言います。

 

世子ソンはフンボクが遺した班次図を確認します。

 

ソン「犯人はこの中にいる」

 

ソン、ジダム、そしてソンの部下2人の4人がフンボクの班次図を覗き込む。

 

ジダム「犯人は誰ですか?」

 

ソン「犯人は当日にこの位置に立っていた者だ」と人物を指さします。

 

するとすぐに犯人が判明するのです。

 

ソンは当日にいた者たちを思い出し、そのにいた別監カン・ソウォンを思い出します。

 

カン・ソウォンは先日、ソンの尾行をして恵慶宮ホン氏に報告していた男です。

 

ソン「東宮殿の別監カン・ソウォンだ」

 

東宮殿とは世子が住む宮殿のこと。別監とは護衛官です。

 

しかし、証拠がありません。

 

そこでジダムは「適当な理由をつくってカンを捕えましょう」と提案。

 

ジダム「カンの家宅捜索をしましょう、現場から消えた貸本はまだ見つかっていません」

 

ソン「そうだ、その本を持つ者が犯人だ」

 

そしてフンボクが本の感想を記した文を思い出すソン。

 

推理小説が苦手なフンボクが面白いと言っていたシーンについて不思議に思うソン。

 

そこにヒントが隠れているのでは?と考えます。

 

ソン「消えた貸本を必ず探しだす・・・」と決意するソン。

 

ミオ

ミオ
カン・ソウォンが本当に犯人なのでしょうか?
シオン

シオン
そして消えた貸本の行方も気になります・・・

 

 

英祖「ご苦労だったな」

 

英祖に労いの言葉をかけられ、キム・ソンイクは頭を下げます。

 

ソンはチャン内官にカン・ソウォンを捕まえるよう指示を出します。

 

しかしカン・ソウォンの姿はどこにもなく・・・

 

そこへ現れた東宮殿の別監カン・ピルチェは「なぜ突然罷免し、捕えるのか?」と訊ねます。

 

チャン内官は「多くを知ろうとするな」と教えてくれません。

 

家中を探したが、カン・ソォンも貸本もありませんでした。

 

チェ・ジェゴン「突然の罷免に危険を感じて逃げたのでは?」

 

ソンは引き続きカン・ソウォンの周囲について調べさせます。

 

別の場面。老論派・キム・テクと英祖が話しています。

 

キム・テク「カン・ソウォンを隠したのは王様ですか?」

 

英祖「いかにも、私が指示した」

 

何と!英祖がカン・ソウォンを捕まえていたのでした!

 

英祖「カンは無実だぞ、私が見る所ではカンは度量が小さい」

 

「そんな奴が連判状をネタにお前を脅すとは思えん」と笑う。

 

「では誰だ?誰が真犯人だ?他の別監か?」

 

キム・テク「なぜ世子様はカン・ソウォンを疑っているのですか?」

 

英祖「自分の手の内は見せぬくせに人のを見たがるずるい男だ」

 

キム・テク「教えて下されぬと?」と凄む。

 

英祖「そなたと私の仲だ、教えよう」と態度を変えます。

 

英祖「シン・フンボクが班次図の中に印を残したようだ」

 

「世子は印がある者が犯人だと推測したようだ」

 

「そんな時にカンが消えたのだ推測は確信に変わっただろう」

 

「世子は道に迷った、そなたには天の助けだな」

 

「さっさと連判状を奪って捨て駒を始末しろ」と言い捨てる英祖。

 

ミオ

ミオ
やはりカン・ソウォンが真犯人ではない様子。
シオン

シオン
それにしても英祖は裏で色々と動いていますね!

 

 

ジダムの父と妓楼の女主人・ウンシムが会っている。

 

ジダム父「どうして昨夜の騒ぎを報告しない?」

 

ウンシム「ジダムが心配させたくないと・・・」

 

しかし「何を言ってるか!」と怒るジダム父。

 

ウンシム「安心して下さい、ジダムは安全な場所にいますから」とジダム父をなだめる。

 

その頃、ジダムは東方剣契の頭目ナ・チョルチュと一緒にいました。

 

ジダム「どうしてチルペに行ったの?」

 

チルペは西方のナワ張りです。

 

ナ・チョルチュ「声が大きいぞ!お前を匿ってることは極秘なんだ」

 

ジダム「私の質問に答えて!」と言ってお頭が読んでいる本を取り上げるジダム。

 

流石のお頭も「おい、やめろ!」と言ってタジタジです。

 

お頭は涙ぐんでおり、ジダムはお頭の読んでいた本をチェックします。

 

するとお頭が読んでた本は恋愛小説でした。本を取り上げられて焦るお頭。

 

ジダムは「あの晩、何故チルペに居たのか?」と質問します。

 

お頭はため息をつき、何も答えません。

 

しかし「チョン・スンセは西方の手の者なのね?」とお頭のは顔色で判断するジダム。

 

ジダムの言葉に「ああ、そうだ」とやっと返事をするお頭。

 

東方頭目ナ・チョルチュ「西方の奴らが俺達の武器を使ったんだ、そのケジメをつけに行ったんだ・・・」

 

「何を想像してるんだ?俺がチョン・スンセを暗殺したとでも?」

 

ジダム「お頭はそんなことしないわ」

 

東方頭目ナ・チョルチュ「そう言うことだ」

 

ジダムは「チョン・スンセは口封じされたのね」

 

お頭はそ~とジダムから小説を奪い取ります。そしてまた恋愛小説を読み続けるお頭。

 

ジダム「西方についての情報はないの?頭は誰?」

 

東方頭目ナ・チョルチュ「影だ」

 

ジダム「影?」

 

東方頭目ナ・チョルチュ「その呼び名以外は何も分かっていない」

 

ミオ

ミオ
ジダムとお頭のやり取りが面白かったですね♪
シオン

シオン
お頭の可愛い趣味も判明しました!

 

 

世子ソン「カン・ソウォンも死んだのか・・・」

 

「カン・ソウォンがこの事件の主犯なら、誰が殺したのだ?」

 

部下から「黒幕では?一番怪しいのは老論派では?」と言われる。

 

そして一度、老論派を調べて見ては?と言われ腕を組むソン。

 

ソン「老論派か・・・もしもカン・ソウォンが生きていたら老論派の手中にある可能性が高いな」

 

「何かよい手法はないか?」と訊ねるソン。

 

部下から「餌を投げるのです」とミン・ベクサンの息子ミン・ウソプだと言われるソン。

 

ソン「ミン・ウソプ?」

 

部下「ミン・ウソプは特検を実施した時、左捕盗庁の従事官でした」

 

部下「ミン・ウソプはジダムが提出した情報を黙殺した後、突然職を辞め、都を去りました」

 

「その一方で情報があるのに調査しない事を上官のホン・ゲヒに強く迫ったそうです」

 

「そしてミンが職を辞めた背景には父親ミン・ベクサンの強い勧めがあったそうです」

 

ソン「父親が息子に辞職を勧めた?」

 

部下「真実を隠したい父親が真実を明かしたい息子を辞めさせた・・・筋が通ります」

 

ソン「ミン・ウソプを餌にするか」

 

部下はミン・ベクサンを質疑応答に呼び出しては?と提案。

 

ソンも「実に良い案だ」と納得。

 

こうしてミン・ベクサンを呼び出す世子ソン。

 

ソン「どうして呼ばれたか分かるか?」

 

ミン・ベクサン「どうして呼ばれたか分かりません」

 

ソン「そなたを罷免するためだ」

 

驚くミン・ベクサン。

 

老論派ホン・ゲヒ「世子様?突然何を?」

 

ソン「そなたの責任だぞ」

 

「何故ミン・ウソプは辞職したのだ」とソンは訊ねます。

 

目をそらすホン・ゲヒ。

 

ソン「辞職せねばならぬ特別な理由でも?」

 

「どうした何故理由を答えられない?」

 

ホン・ゲヒ「一身上の都合としか聞いていません・・・」

 

ソン「一身上の都合とは?大病でも患ったのか?」と父ミン・ベクサンに訊ねます。

 

ミン・ベクサン「そうではありません・・・」

 

ソン「違うのであればすぐに復職させよ」

 

「出来ぬのなら、そなたと一族の忠誠心を疑うざるを得ない」

 

「均役法を定める準備で兵曹は人手不足だ」

 

「ミン・ウソプの様な有能な人材を捨てはおけぬ」とソン。

 

ミン・ベクサン「ですが息子の意思は固い様です・・・」

 

ソン「私の為に説得してくれ」と引き下がらない。

 

そしてホン・ゲヒに「ミン・ウソプは父親の出世の邪魔をする様な親不孝者ではないだろう?」と訊ねる。

 

ホン・ゲヒをちらりと見るミン・ベクサン。

 

ホン・ゲヒ「もちろん違います」

 

ソンはミン・ウソプを復職させる様に説得するよう命令します。

 

そしてミン・ウソプをイギサ(世子の護衛を担当する官庁)に任命する予定だ、と伝えます。

 

ソンの命令により、老論派に動揺が現れます。

 

ミン・ベクサン、ホン・ゲヒ、キム・サンノ、キム・テクが集合し会合を開きます。

 

ソンの側近チェ・ジェゴンはこれを掴み、ソンに報告。

 

ソン「その4人が黒幕の可能性が高い」

 

老論派の4人は貸し本屋の娘が情報を伝えたらしいと話している。

 

世子はシン・フンボクが殺され死因を偽ったことも知っていると知る。

 

世子の捜査は真犯人へと近づいていると焦っている。

 

犯人が捕まったら我々もおしまいだ!と対策を立てようと話し合う。

 

一方、世子ソン。鉄砲の練習をしながら考察中。

 

ソン「敵はどう出るだろうか?」

 

側近「ミン・ウソプがジダムからの情報を黙殺し、これに老論派が関与しているのなら動きがあるはずです」

 

ソン「監視はつけたか?」

 

側近「しかと見張らせております」とぬかりない様子。

 

ミオ

ミオ
ソンは老論派を怪しいと思って調べる始めるのが遅い気も・・・
シオン

シオン
なかなか尻尾を掴ませない悪者たちにもハラハラしますね!

 

取引き

 

英祖は虫めがねを使って「班次図」を見ている。

 

しかし「何度見ても分からん」と、印の意味が分からない様子。

 

「世子はこの絵の中からフンボク残した印をすぐに見つけたのか?」

 

側近の部下は「左様です」と返事をする。

 

英祖「世子が哀れでならない・・・よほど孤独だったのだろう」

 

「一介の画員に心を許すとは・・・」

 

そう言うと「班次図」を図画署に戻しておけ、と部下に指示します。

 

英祖「私の勘が正しければ何者かが取りにくるはずだ」

 

一方、キム・テクとカン・ピルジェが話している。

 

フンボクが班次図に印をつけたのはカン・ソウォンだと言うキム・テクに対し、カン・ピルジェは自分に印をつけたのだとすぐ分かった様子。

 

カン・ピルジェ「バレるのも時間の問題です」

 

「何も手がないのなら世子を消して下さい」

 

キム・テク「まずはお前の手下を責める」

 

「娘を始末していれば問題なかったのだ」

 

カン・ピルジェ「このまま高みの見物をなさるのですか?」

 

キム・テク「慎重に方法を探るつもりだ」

 

しかしカン・ピルジェは「迅速に対処すべきです」と反発。

 

そして「そうしないと私より手ごわい人間を敵に回すことになりますぞ」と。

 

「脅迫とは生意気な!」と怒るキム・テク。

 

カン・ピルジェ「大監を見習ったままです」とニヤッと笑う。

 

そう言われて笑いだすキム・テク。

 

キム・テク「お前はどうするのだ?」

 

カン・ピルジェ「私は私で動きます」

 

夜、図画署の倉庫。

 

署長の執務室に1人の男が忍び込む。そして名簿に記載された「カン・ピルジェ」の名を確認すると名簿を持ち去る。

 

少論派のシン・チウン。

 

「連判状が欲しかったら門に印をつけろ」という矢文の通りに門に印をつけている。

 

すると暫くしてまた矢文が飛んで来ます。

 

文には「1万両支払えば少論派に連判状を渡す」と書かれてしました。

 

その頃、奪った名簿を燃やしているカン・ピルジェ。

 

机の上にある連判状を見てニヤリと笑う。

 

少論派の面々から連判状の事について「何故知らせなかった?」と責められるパク・ムンス。

 

少論派たちは矢文の取引に応じる決断をした、と話します。

 

先の王様を毒殺した逆賊共の名前が連判状に書かれていると知ったからです。

 

パク・ムンス「取引?その後はどうするつもりですか?」と驚く。

 

「復讐するつもりですか?」とパク・ムンスが聞くと「復讐ではなく歴史を正すのだ」と正義を主張。

 

また賛同しなければパク・ムンスは少論派の一員ではない、と言われます。

 

廊下でキム・テクの手の者が聞いている。それをキム・テクに報告する。

 

キム・テク「カン・ピルジェめ裏切ったな」

 

一方の英祖。

 

部下から「昨夜、図画署に来たものはおりません」と報告を受ける。

 

英祖「キム・テクが喰いつかなかった?」と驚く。

 

部下「班次図ではないかもしれませんな」

 

すると英祖は「カン・ソウォンを放り出せ」と命じます。

 

英祖「餌を変える」

 

驚いている顔をする部下。

 

ミオ

ミオ
味方も完全に味方ではないのが難しい所ですね・・・
シオン

シオン
悪者たちの腹の探り合いは見ていて日本の時代劇を思い出しますよ!

 

カン・ソウォン

 

カン・ソウォンは袋に入れられたまま、放り出されます。

 

カン・ソウォンはそのまま世子ソンの元へ。

 

ソン「シン・フンボクを知っているか?」

 

カン・ソウォン「存じております」

 

ソン「2人で会ったか?」

 

カン・ソウォン「えっ?」と驚く。

 

「シン・フンボクが死んだ夜2人で会ったのか?」と再び質問するソン。

 

カン・ソウォン「いいえ!私は殺していません!」

 

「3日間監禁されて訴え続けたのに・・・」

 

ソン「監禁されていただと?」

 

カン・ソウォン「夜中に誘拐されたんです」

 

ソン「ではどうやって脱出したのだ?」

 

カン・ソウォン「突然連れ出されて道に放り出されたのです」

 

シン・フンボクが殺された時にどこに居たか?と聞かれるカン・ソウォン。

 

するとカン・ソウォンは「王宮内にいました」と答えました。

 

カン・ソウォン「その日は宿直でした」

 

ソン「嘘を言えば生きては帰れぬぞ」と睨む。

 

カン・ソウォン「世子様に嘘など言いません!」

 

ソンの正室・恵慶宮ホン氏は父であるホン・ボンハンと共にソンの動きを遠目に覗う。

 

恵慶宮ホン氏「私の言った通りです、世子様に怪しい動きが」

 

老論派ホン・ボンハンは黙って見ている。

 

そして人相書きを見せて「通報者は私だから100両下さい!」とねだっているカン・ソウォンを「早く帰れ!」を追っ払うソンの部下。

 

1人になったカン・ソウォンにホン・ボンハンが話しかける。

 

ホン・ボンハン「その100両は私が払おう」

 

そしてカン・ソウォンから情報を聞いたホン・ボンハン。

 

その後、娘である恵慶宮ホン氏と2人で話している。

 

恵慶宮ホン氏「世子様が犯人探しをしている?」

 

ホン・ボンハン「何か隠された秘密があるようです」

 

恵慶宮ホン氏「では世子様は老論派を疑っているのですね」

 

ホン・ボンハン「そうかもしれません」

 

恵慶宮ホン氏「これを機に老論派を離れて下さい」

 

ホン・ボンハン「政治は単純ではないのです」

 

「党を捨てれば立場が危うくなります」

 

恵慶宮ホン氏「本当に捨てるのではなく、世子様の前で装えばいいのです」

 

「世子様は父上を信頼しています」

 

「悩みを相談するかもしれません、きっと老論派に有益な情報でしょう」

 

「双方の信頼を得て適度な関係を保つ」

 

「後ろ盾を持たず政界入りした我らホン氏が立場を固める近道では?」

 

ホン・ボンハン「世子嬪が息子でないのが残念です」と笑う。

 

恵慶宮ホン氏「私が娘だから今日があるのですよ」と笑う。

 

ホン・ボンハン「確かにそうですな」と言って2人で笑う。

 

一方の世子ソン。

 

カン・ソウォンの証言が本当かどうか部下に調べさせたソン。

 

フンボクが殺害された夜、カン・ソウォンは宿直で、本当に王宮内いた事が確認できました。

 

ソン「ではカン・ソウォンは本当に関係ないのか?」

 

ガッカリするソン。

 

ソン「では何故フンボクはカン・ソウォンの絵に印を?」

 

一方、パク・ムンスは英祖の言葉を思い返していました。

 

そして「民の事だけを考えろ・・・」と胸に決め、書庫へ。

 

書庫で何かを探すパク・ムンス。家屋台帳を確認する。

 

そしてチルペである家屋の持ち主を調べるよう指示する。

 

チルペは家屋台帳に嘘の記録が多い地域だと聞かされる。

 

ミオ

ミオ
行方不明だったカン・ソウォンが自分から姿を現します!
シオン

シオン
でもやはりカン・ソウォンが真犯人ではない様子・・・

 

腹の探り合い

 

英祖と世子ソンが2人で話している。

 

英祖「傷の回復は順調か?」

 

ソン「お陰さまで」

 

英祖「ソン、もう捜査から手を引け、そろそろ公務に専念せねば」

 

「均役法をはじめ処理すべき問題が山積みだ」

 

ソン「公務も手は抜きません」

 

英祖「そんなに働きつめでは寿命が縮まってしまう」

 

「健康管理法を学ぶのは帝王学の基本だ」

 

ソン「しかし・・・」と渋る。

 

英祖「やめろと言っているのではない、他の者に任せるのだ」

 

「そうだパク・ムンスはどうだ?」

 

「私がが肉親の親ならパク・ムンスは心の親と言えるだろう?」

 

「他の誰よりもお前の気持ちを理解してくれるだろう」

 

しかしソンは「もう少しだけ自分の力で捜査してみます」と答えます。

 

英祖「とんだ意地っぱりだな!」と呆れる。

 

2人の湯のみに英祖がお茶を注ぐ。

 

英祖「それで?手掛かりはつかめたのか?」

 

ソン「それが・・・いえ、確証を得たら報告します」

 

英祖「私はいつでもお前の味方だ」

 

「助けが必要ならいつでも言え」

 

ソン「そうします」と言って笑う。

 

2人でお茶を飲む。英祖はチラリとソンの顔色を窺う。

 

ミオ

ミオ
英祖もまたソンから情報を仕入れ様とします。
シオン

シオン
英祖の悪い顔が見え隠れすると怖いですね・・・

 

恩返し

 

ナ・チョルチュが崖で稽古をしている所へパク・ムンスが差し入れを持って訪れる。

 

パク・ムンス「すまないな」

 

「お前は昔から優れていた、名家に生まれていれば武将になり、国を守っただろう」

 

ナ・チョルチュ「改まって何をおっしゃるんですか?」

 

パク・ムンス「剣契として生きる姿が不憫でならぬのだ」

 

ナ・チョルチュ「おやめに、それは言わぬ約束です」

 

パク・ムンス「政治に首をつっこむでないぞ」

 

「関わったら命の保証はないと思え」

 

「何度もお前を叱った、その叱った人間がお前を巻きこみ」

 

「政治事件の共犯にしてしまった・・・私の罪は深い、決して許されない罪だ」

 

ナ・チョルチュ「私は上手い飯のご恩を返したいだけですよ」

 

「殺しの濡れ衣で投獄され、終わりだと観念しても腹は減る」

 

パク・ムンス「あの時お前は15歳だったな」

 

ナ・チョルチュ「胃袋が飯をくれと叫んでいる時、大監が上手いクッパを出してくださった」

 

「おかしな話です、底辺で生きてきた私を信じ潔白を証明したパク・ムンス」

 

「たとえ記憶を失くしてもあのクッパの味は忘れられません」

 

「あの時の飯代だと思って下さい」

 

一方、キム・ムを訪ねるキム・テク。

 

実はキム・ムはキム・テクの隠し子です。

 

キム・テク「腕は健在か?」

 

キム・ムは殺し請負人をしていました。

 

キム・ム「昔の話です、今は狩りをして暮らしています」

 

キム・テク「お前を探すのに苦労した」

 

キム・ムの母を埋葬している場所へ連れ出すキム・テク。

 

妓生だった母を家の墓地に埋葬したから、と報告する。

 

そして「お前がきちんと仕事を成功させたら母親の願いも叶えてやろう」とキム・ムに言います。

 

母の願いとはキム・ムに両班の身分を与え養子にすること。

 

キム・テク「私を父と呼びたいか?」と訊ねます。

 

一方、チルペの家屋の持ち主について不動産業者に調べさせていたパク・ムンス。

 

報告を受けます。すると3軒の家屋の持ち主が偽名を使っていたことが判明。

 

その中の1人にとんでもない人物がいた、と言われます。

 

パク・ムンス「誰だ?」

 

すると「東宮殿の別監カン・ピルジェだ」と言われます。

 

不動産業者は「安い給料のくせに豪邸を持っている」と言います。

 

さっそく煙草屋に居るカン・ピルジェの元を訪ねるパク・ムンス。

 

カン・ピルジェ「大監が何用ですか?」と驚く。

 

パク・ムンス「気晴らしに煙草でも吸ってみようかと思ってな」

 

「そなたが1つ見繕ってくれ」と頼むが、店主から「そちらさんも初めてですよ」と言われてしまう。

 

焦るカン・ピルジェ。

 

パク・ムンス「そなたも初めてか?」

 

カン・ピルジェは答えず「私はこれで失礼します」と逃げようとする。

 

カン・ピルジェが去った後、店主に「なぜ初めてだと思ったのだ?」と訊ねるパク・ムンス。

 

店主「煙草の葉を抑えると爪先が真っ黒になるんですよ、あの人はとてもきれいな爪でしたよ」と答える。

 

そして「初めてなのに欲張って太い煙管を買われて行きましたよ」と。

 

「太い煙管」と聞いて何かピンと来た様子のパク・ムンス。

 

ミオ

ミオ
お頭の過去が分かるシーンがありましたね♪
シオン

シオン
一方、キム・テクの隠し子は不幸な企みに巻き込まれそうですね・・・

 

名簿の行方

 

世子ソンの元へ、チェ尚宮がやって来る。

 

尚宮とは王宮の女官の最高位。

 

チェ尚宮は今日は世子嬪の部屋へ行く日です、と伝えます。

 

どうやら決められている様子。

 

ソン「もうそんな日か?まだ仕事が残っていて行けそうにないのだ」

 

チェ尚宮「吉日でなくとも足を運ぶべきです」

 

「世子嬪が行きすぎた行動をなさるのは世子様の気を引きたいからかもしれません」

 

「慈しんで下さい王宮は息の詰まる場所ですから・・・」

 

そう言われ、仕方なく世子ソンは世子嬪の寝所へ向かいます。

 

部屋の外から「世子様、刻限です」と言われる。

 

世子ソンは着物を脱ぎながら何かを思い出す。

 

ソン「吉日・・・参拝の日を選び事前に班次図を書く・・・」

 

恵慶宮ホン氏「班次図?何のことです?」

 

ソン「事件の夜に宿直したのに、翌日も警備を?」

 

何かに気づいたソンは「すまない世子嬪!」と言って部屋を飛び出します。

 

世子嬪の所を飛びだしたソンは図画署へ。

 

「王宮を飛び出すなんて!」と部下に呆れられるソン。

 

ソン「記憶は事実と違う・・・」

 

部下「何の話です?」

 

ソン「犯人はカン・ソウォンではない」

 

部下「あの位置に立たなかったと?」

 

ソン「あの位置に立ったのがカン・ソウォンだから妙だ」

 

部下「いったい何をおっしゃっているので?」

 

ソン「班次図は事前に描かれる、予行演習する代わりに」

 

「印は立つ予定の者に付けられたが、その者は来られなかった」

 

「前日に人を殺したからだ」

 

「カン・ソウォンは代理だ!名簿に真犯人の名前がある!」

 

そう言って走り出すソン。

 

図画署につくと名簿を探すソン。

 

画員に「ウィルンに行った者の名簿はどこか」と訊ねます。

 

すると「無い」と言われます。

 

昨夜に図画署に盗賊が入り盗まれそれが大問題となっているとの事。

 

署長が取り調べを受けているとの事。

 

キム・テクは剣契西方の二番手フクピョを呼び、贈り物をあげようとしてる。

 

遠慮する二番手。

 

キム・テク「商人ですら先を読んでで投資する」

 

「影は過去、そなたは未来だ」とキム・テク。

 

キム・テクは使える手下を引き連れて別監カン・ソウォンの息の根を止めろ、と剣契西方二番手フクピョに指示を出します。

 

カン・ソウォンが余計なことを漏らす前に殺せと命じます。

 

一方、名簿が盗まれたと知った世子ソン。

 

ソン「真犯人が名簿を盗んだに違いない」

 

「次に犯人が狙うのは何だ?」

 

部下「カン・ソウォンです!」

 

ソン「馬を用意しろ!」

 

一方、東方剣契のアジトに匿われているジダム。屋敷の中を探索中。

 

ジダム「何を隠してるのかしら?」

 

すると行方不明だった舞妓生チュヌォルの声が聞こえます。

 

さらわれたチュヌォルは何か情報を知っていると思われている様子で引き続き取り調べをされている。

 

ジダムは部屋の向こうのチュヌォルの声を聞いてしまいます。

 

チュヌォル「パク・ムンスと頭目が私の恋人を殺した!」

 

ジダム「誰が誰を殺したって・・・?」と呆然とするジダム。

 

ソンはカン・ソウォンの元へ馬で駆けつけます。

 

しかしカン・ソウォンの家にはすでに刺客が送られていました。

 

懸命に逃げるカン・ソウォン。

 

ソンは弓で刺客を反撃。

 

馬に乗り、カン・ソウォンを救助します。

 

ソン「怪我はないか?」

 

カン・ソウォン「いったい何が?」

 

ソン「話せば長い、参拝の日に誰と警護を代わったのだ?」

 

「急いでいる、早く答えよ!」

 

カン・ソウォン「カン・ピルジェです」

 

ソン「カン・ピルジェ?」と驚く。

 

その頃、カン・ピルジェは煙管の中に連判状を隠していました。

 

一方、少論派のイ・ソンジョンはシン・チウンに「連判状を探しだせ」と命じます。

 

ジダムはパク・ムンスとナ・チョルチュを木の陰からこっそり見張っている。

 

パク・ムンスが「市場へ行き、影を始末して煙管を奪え」とナ・チョルチュに命じていました。

 

そしてソンがカン・ピルジェの元へ駆けつけます!

 

第8話へつづく・・・

ミオ

ミオ
カン・ソウォンも口封じされそうになりましたが、ソンの活躍で回避しましたね!
シオン

シオン
次はカン・ピルジェです!続きが気になりますね♪

>>無料動画みる

『秘密の扉』動画日本語字幕第7話の見どころ

『秘密の扉』動画7話の見どころは、東方剣契の頭目ナ・チョルチュと匿われているジダムのやり取りのシーンです!

 

ジダムの問いよりも恋愛小説に夢中なお頭がとても可愛いのでお勧めですよ♪

 

お頭とパク・ムンスの出会いが垣間見えるシーンも見どころです。

 

お頭の意外な過去に触れる事が出来ますよ♪

>>無料動画みる

『秘密の扉』動画日本語字幕第7話・注目キャスト

『秘密の扉』動画7話の注目キャストは東方剣契の頭目ナ・チョルチュ役のキム・ミンジョンです!

 

剣の達人で武道派のナ・チョルチュですが、実は恋愛小説が好きなんです♪

 

『秘密の扉』動7話でもナ・チョルチュが恋愛小説を読むシーンがあります。

 

登場人物の女の人が可哀想だ、と言って涙ぐむのです♪

 

ジダムにも呆れられていますが、ギャプがとても可愛いのでお勧めポイントですよ♪

>>無料動画みる

『秘密の扉』動画日本語字幕第7話を視聴した人の感想

 

 

 

 

>>無料動画みる

『秘密の扉』動画日本語字幕第7話のまとめ

今回は気になる『秘密の扉』動画日本語字幕第7話のネタバレあらすじや見どころ・注目キャスト・感想をまとめてご紹介して参りました!

 

結局、フンボク殺害事件の真犯人はカン・ピルジェで間違いなさそうですね・・・

ミオ

ミオ
しかし、連判状の行方を巡ってまたひと騒動起きそうです!
シオン

シオン
続きがますます気になりますね♪
ミオ

ミオ
「続きが今すぐ見たい!」続きが待てない方は、『秘密の扉』動画日本語字幕を無料視聴するお得な方法でお楽しみ下さいね♪

>>無料動画みる

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。 ※本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
徹底比較!韓国(韓流)ドラマおすすめ動画配信サービス(アプリ・サイト)

 

あなたが視聴したいドラマのフル動画を無料視聴できる『動画配信サービス(サイト・アプリ)』をご紹介していきます!

  1. まずは見たい動画があるのか
  2. その他にも楽しめる動画が多くあるのか
  3. 利用したい機能やサービスがあるのか
  4. 無料視聴期間だけ利用したいのか
  5. 無料視聴期間が終わっても利用するなら“コスパ”も

これらを念頭に、動画配信サービスを選んでみるとお得感が味わえるだけでなく、あなたにとって失敗しない動画配信サービスとなりますよ♪

ビデオマーケット
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
毎月540Pの配布で新作や人気の作品をレンタルすることも可能な元祖動画配信サービス。

NHKからフジテレビ系の動画も視聴可能で、旧作国内ドラマに強い印象です。

無料視聴期間 1ヶ月
配信本数 160,000以上
おすすめポイント まとめ買いで50%OFFあり
月額料金 500円〜

ビデオマーケットで無料視聴詳細をみる

ビデオパス
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
au利用者なら最大限お得感を味わえる動画配信サービス。

毎月もらえるビデオコインで新作が無料でレンタルできます。

無料視聴期間 30日間
配信本数 10,000本以上
おすすめポイント 映画館でも割引あり
月額料金 562円〜

ビデオパスで無料視聴詳細をみる

Hulu
https://k-dorapen.love/
海外ドラマ・映画好きには欠かせない動画配信サービス。海外ドラマ・映画だけならダントツでおすすめ!今後、韓国ドラマの配信本数が増えていく予定!?
無料視聴期間 14日間
配信本数 13,000以上
おすすめポイント 新作追加頻度が高い。

追加料金が発生しない

月額料金 933円

Huluで無料視聴する詳細をみる

FOD(フジテレビオンデマンド)
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ

韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ

フジテレビ発の動画配信サービス。フジテレビ番組の見逃し配信はもちろん、80誌以上が読み放題。
無料視聴期間 1ヶ月
配信本数 10,000以上
おすすめポイント 月9ドラマは独占配信!

オリジナルバラエティ番組が超充実!

月額料金 888円〜

FODで無料する詳細をみる

dTV
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
docomoが運営する動画配信サービス。最も低価格な動画配信サービスとして500万人以上の会員数を誇り、韓流・アジアドラマの特集が多く、旧作の韓国ドラマも充実!
無料視聴期間 31日間
配信本数 120,000以上
おすすめポイント ダウンロードも可能で、docomo利用者は圧倒的コスパ!
月額料金 500円

dTVで無料視聴する詳細をみる

TSUTAYA DISCAS
http://k-media.site/
TSUTAYAが運営するネット宅配サービス。延滞金もかかることなく安心して全ジャンルを楽しむことができる。他の動画配信サービスで出てない作品も新旧揃っていることが多い
無料視聴期間 30日間
配信本数 約50,000
おすすめポイント TSUTAYA利用者は断然おすすめ!

レンタルに行く必要も一切なく、Tポイントも貯まる

月額料金 933円〜

TSUTAYA DISCASで無料視聴詳細をみる

U-NEXT
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
圧倒的人気と信頼のある動画配信サービス。雑誌はもちろん、全ジャンル対応で4台同時再生可能だから大切な人と共有できるコスパの良さが魅力。K-POPなどの音楽番組やライブ映像、バラエティ番組も超充実!
無料視聴期間 31日間
配信本数 120,000以上
おすすめポイント 韓国ドラマは圧倒的作品数

どこにしたら良いのか迷っている方はU-NEXT一択。

リトライキャンペーンもあるから2ヶ月無料視聴も可能!

月額料金 1,990円

U-NEXTで無料視聴詳細をみる

これらの動画配信サービスには全て無料期間がついています!

みたい作品があるところを登録して、解約しながら回ってもいいですよね♪

しかし、これらの無料期間やキャンペーン自体が予告なく変更・終了されることがあります。

あなたもまずは無料期間が最長である今のうちに、試してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

みお

韓国アイドル・ドラマペンです♡ とにかく韓国情報に敏感なので便利な情報を含めてお届けしています!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秘密の扉 動画 1話

秘密の扉動画1話日本語字幕フル以外も無料視聴する方法は?

秘密の扉 あらすじ 最終回 動画

秘密の扉あらすじ最終回第24話の結末!動画無料日本語字幕フルの視聴は?

秘密の扉 動画 日本語字幕

秘密の扉動画日本語字幕フル無料視聴の配信サイト

秘密の扉 動画 6

秘密の扉動画6話日本語幕を無料視聴するには?

秘密の扉 韓国ドラマ キャスト 相関図

秘密の扉韓国ドラマキャスト・相関図は?出演登場人物を画像付きで紹介!

秘密の扉 動画 8

秘密の扉動画8話日本語字幕を無料視聴!