Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

秘密の扉動画22話あらすじネタバレ!無料動画の視聴も!

秘密の扉 動画 22

韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話のネタバレあらすじや感想、見どころや注目キャストをまとめてご紹介して参ります!

 

また、韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話を無料視聴する方法も併せてご案内して参ります!

 

韓国ドラマ『秘密の扉』は朝鮮王朝最大の謎とされる「米びつ事件」をミステリータッチに生まれ変わらせた大人気時代劇。

 

演技派俳優ハン・ソッキュとイ・ジェフンの共演も話題になりました!

 

ハン・ソッキュ扮する英祖とイ・ジェフン扮する世子イ・ソン親子の葛藤と苦悩を描いた超大作。

ミオ

ミオ
今回は韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話のネタバレあらすじや感想、見どころや注目キャストをまとめてご紹介して参ります!
シオン

シオン
またドラマを日本語字幕付動画で無料視聴する方法も併せてご案内します!
ミオ

ミオ
お得な情報が気になる方はぜひお見逃しなく!

>>今すぐ無料動画でみる

韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話ネタバレあらすじ

 

30年後・100年後の将来

夜の王宮。

 

チョ・ジェホとチェ・ジェゴンが部屋で話しています。

 

チョ・ジェホ「書斎とはどういうことだ?」

 

「平民から逆賊の子孫まで科挙の受験資格のない者に勉学の場を与えただと?」

 

イ・ジョンソンに代わって少論の首領となったチョ・ジェホは机を叩いて怒ります。

 

チェ・ジェゴン「そうです」

 

チョ・ジェホ「一体、世子邸下は何をお考えなのだ!破滅するまでお進みになるというのか?」

 

チェ・ジェゴン「これは破滅しないための実験です」

 

チョ・ジェホ「実験だと?」

 

世子ソンはミン・ベクサンを訪ねます。

 

そして関西地方につくった書斎に師匠が必要だと言い「大監にその志を新たな確信に変えてみるつもりはありませんか?」と訊ねます。

 

ソン「書斎とは一種の実験だ、平民に科挙を受けさせ合格者に官職を与えると本当に国が混乱に陥るのか・・・」

 

「父王と老論の主張通りに国が滅びるのか?いいや、より良い朝鮮を作るための契機となるのか、確かめたいのだ」

 

しかしミン・ベクサンは「今日、世子様は私の家に来なかったことにしましょう」

 

「書斎について話したこともないし、再び書斎の件で私の家にお訪ねにならないように」ときっぱり断われます。

 

チョ・ジェホの家では、チョ・ジェホが庭で昨夜の会話を思い出していました。

 

夜の王宮でのチョ・ジェホとチェ・ジェゴンの会話の回想。

 

「それで?そなたはどうするのだ?邸下に賛同するのか?」

 

チョ・ジェホはチェ・ジェゴンに訊ねます。

 

チェ・ジェゴン「賛同はしません、私は確信が持てずにいるのです」

 

チョ・ジェホ「それで?」

 

チェ・ジェゴン「私は邸下を見守りたいのです、十年後に朝鮮はどんな姿になるのか?30年後、100年後はどうなってるのか?」

 

「今、正しいと思うことが将来でも正しいとは限りません、常に疑いの目を持ち悩み続ける役人でいたいのです」

 

「主君の実験を検証を見守りもせず我を通す生き方はしたくありません」

 

「主君を見て判断したいのです、その結果で主君が間違いだと分かれば真摯に論じ正せばよいのです、我々にはそれが出来ると思いますが大鑑はどうお考えですか?」

 

チェ・ジェゴンはチョ・ジェホに自分の考えを述べます。

 

チョ・ジェホは首を横に振りました。

 

再びチョ・ジェホの家の庭。

 

「主君を正すか・・・」

 

チョ・ジェホはため息をつきました。

 

そして日中の王宮の庭。

 

チョ・ジェホに呼ばれてやって来たチェ・ジェゴン。

 

チェ・ジェゴン「私をお呼びですか?」

 

チョ・ジェホ「私は役人としての自分を信じることにした」

 

チェ・ジェゴン「大鑑・・・」

 

チョ・ジェホ「まずは世孫の冊封問題からだ、そのあとで書斎での実験が無事に終えられる方法を模索しよう」

ミオ

ミオ
チェ・ジェゴンはいい事言ってましたね!
シオン

シオン
そんな人物が世子の傍で見守っていることは安心ですね!

世孫冊封

宣政殿にて。

 

王と重臣たちが集まり政治が行われていました。

 

英祖「なぜ重臣を集めたのか説明せよ」

 

チョ・ジェホ「世孫の冊封を急ぐ必要があると感じたからです」

 

チョ・ジェホの言葉にホン・ボンが顔を上げます。

 

英祖「世孫の冊封だと?」

 

領議政キム・サンノ「なりません!」

 

大きな声で反対するキム・サンノ。

 

兵曹判書ホン・ゲヒ「まだ早いです」

 

チョ・ジェホ「元孫様はもう9歳ですから、元服と婚姻を急がねばなりません、問題がない限り王世子のご嫡男を世孫に冊封すべきです」

 

しかしホン・ゲヒは反対の意を示します。

 

ホン・ゲヒ「王世子の行い次第です、なぜ邸下が科挙で騒ぎを起こしたのか全ての民が知っています」

 

「士農工商が崩れ危機に陥った朝鮮、それが邸下の望む未来では?邸下は今すぐ考えを改める気がありますか?」

 

ホン・ゲヒの言葉に皆が静かになります。

 

チョ・ジェホ「もう済んだ話です!邸下は平民の合格を取り消されました!」

 

キム・サンノ「取り消されたならはっきりとお示し下さい!身分秩序の崩壊は絶対に行わないと文書でご署名ください!」

 

キム・サンノの言葉に英祖が怒ります。

 

英祖「貴様ら何を言っておる!文書に署名だと?王になる者に対し念書を書かせる気か?何のためだ!その文書で何を企む気だ!」

 

ホン・ゲヒ「殿下・・・私は・・・」

 

英祖「下がれ!」

 

キム・サンノ「しかし殿下・・・」

 

英祖「だまれ!さっさと下がれ!」

 

英祖の怒号が響きます。

 

英祖の部屋。

 

英祖「老論の奴らめ、文書への署名を迫るとは!老論に網を張ったな?」

 

部屋に戻った英祖は内侍府長と話していました。

 

キム内膳「はい、殿下」

 

英祖「かかった獲物の中からどれかを使わねば」

 

キム内膳「分かりました、準備いたします」

 

世子嬪の部屋。

 

世子の義父ホン・ボンハンは娘である世子嬪に世子を説得するよう言います。

 

ホン・ボンハン「邸下をご説得下さい、もし老論の念書に署名すれば・・・」

 

しかし世子嬪は「王になる方が臣下に迫られて署名をするとはあり得ぬことです!」と反対。

 

ホン・ボンハン「王になれぬよりましです!」

 

貞純王后キム氏の部屋。

 

キム・サンノ「殿下がおいでにならなければ、殿下がおいでになるよう仕向けなければなりません」

 

キム・サンノは王妃に取り入っていました。

 

王妃「領相、大鑑にまで話したのですか?」

 

王妃は父キム・ハングに言いました。

 

キム・ハング「お話を聞いてみましょう」

 

キム・ハングは娘に言いました。

 

キム・サンノ「殿下は王妃の特権だけを亨受せよとおっしゃいましたか?」

 

「王妃の特権を亨受するには男子を産まねばなりません」

 

「そのお子が世子を追い出し我が国の次期君主になってこそ、王妃の権利を行使することができるのです」

 

キム・サンノは王妃キム氏に言いました。

 

夜のミン・ベクサンの家。

 

世子ソン「誰かいないかー?私だー!」

 

酔った世子ソンは門を叩きます。下男は門を開け世子を中に通します。

 

ミン・ベクサン「邸下!こんな夜更けに何の御用ですか?」

 

ミン・ベクサンは庭で世子を出迎えます。

 

世子ソン「そなたと一杯飲みたくてな」

 

ミン・ベクサン「すでに酔っておられます」

 

世子ソン「酒まで断るのか?」

 

ソンはミン・ベクサンの家の縁側に座ります。

 

ソン「もう白旗をあげようか、公平な世の中など絵空事だと・・・」

 

「父王と重臣が望む通りの答えを言おうかと思う・・・」

 

ミン・ベクサン「邸下・・・」

 

世子ソン「私がそのように言えばイ・ジョンソン大鑑やミン・ベクサンのような臣下までもう失わずに済む」

 

「何より父王と世子嬪の息子サンまで私の周りの人は皆安堵するだろう」

 

「もう降参してもよい、白旗をあげても誰も文句は言えぬだろう・・・そうだろう?」

 

ミン・ベクサンは「そうでしょう」と相槌をうちます。

 

ソン「そうだが、私は決められぬ・・・民が私を見る熱い眼差しが忘れられない」

 

「民に期待を抱かせた責任は重大だ、知らぬ顔などできぬ」

 

「いや、怖いのだ大鑑・・・私が民の期待を裏切れば民の熱意は怒りに変わる」

 

「そうしたら怒れる民が武器を手に蜂起するのではないかと不安でならぬのだ!」

 

「鎮圧すれば済む話だろうか?父王のように武力民を統制することは権力者として当然のことだろう・・・」

 

「だが私が自信がない、父王を説得する自信も、民を武力で統制する自信もないのだ」

 

世子ソンは辛い胸の内をミン・ベクサンに語ります。

 

ミン・ベクサン「邸下・・・」

 

世子ソン「だから私は失格者だ、父王に政治を任されたが私は政治をする資格が無いのだろうか・・・」

 

ミン・ベクサン「いいえ、それは違います、このように考えてみてはどうでしょう邸下」

 

「意見が対立し葛藤が生じる場、それを何としても仲裁する場、それこそが政治のあるべき姿だと、私はそう考えています」

 

ミン・ベクサンは涙を浮かべてソンに言いました。

 

英祖の部屋。

 

英祖は兵曹判書ホン・ゲヒを部屋に呼びます。

 

英祖「河川工事のための予算を何に使ったのだ?」

 

ホン・ゲヒ「夏に洪水が起きれば莫大な予算が必要になります、そのために残金を合理的に管理しました」

 

ホン・ゲヒは自分の懐には入れていないと否定します。

 

英祖「管理か、高利貸しをす呼ぶのか、金を借りた者の借用書にはそうは書いてなかったぞ」

 

そう言って笑いだす英祖。

 

ホン・ゲヒ「貸し主として我々朝鮮と書くわけにはいきません」

 

英祖「朝鮮でなく老論だろう!儲けた金の大半を老論の資金にしたそうだな!余が気づかないと思うか!」

 

ホン・ゲヒ「政治には金が必要です、殿下ならよくご存じでしょう」

 

ホン・ゲヒは金を着服したことを認めました。

 

英祖「ああ、よく知っている」

 

ホン・ゲヒ「では老論の資金は国のためとご存じでしょう」

 

英祖「いや、知らぬな、それは老論の屁理屈だ!この文書からは読み取れぬ」

 

「余はこの文書をもとにそちを処罰する」

 

ホン・ゲヒ「私の長年の忠誠に処罰で報いると?」

 

英祖「そんな忠誠は必要ない!ああ、別の忠誠を尽くすなら、なかったことにしてやる」

 

ホン・ゲヒ「別の忠誠といいますと?」

 

英祖「世孫の冊封だ」

 

ホン・ゲヒ「殿下・・・」

 

英祖「断るなら国の金で金貸しをしたろくでなしの判書、これが貴様の官職名となるぞ」

 

ホン・ゲヒ「しばし、時間をいただけませんか?」

 

英祖「貴様は考える必要はない!冊封を主導しろ!長くは待たぬぞ」

ミオ

ミオ
キム・サンノは貞純王后に早く男子を産んで新しい世子を立てる様にそそのかしてますね!
シオン

シオン
相変わらず裏で色々と陰謀がうごめいています・・・

お手元金

ミン・ベクサンの家。

 

世子ソン「関西の書斎に行ってくれるか?」

 

ミン・ベクサン「書斎を指導するのがよいか、すぐ廃止するべきか、現地で考えてみます」

 

ソン「臣下の意見に耳を傾けるのは君主の務めだ」

 

ミン・ベクサン「ならば今日にでも都城を発ちます、老論は世孫の冊封に反対しているようですね」

 

「書斎のことは気にせず私にお任せ下さい、怪しまれる言動は慎み老論の疑念を払しょくするのです」

 

「そうすれば無事に世孫も冊封できるゆえ邸下の立場も揺るぎないものになります」

 

「どうか肝に銘じておいて下さい」ミン・ベクサンはソンに言いました。

 

王室の財政を管理する内需司。

 

ホン・ゲヒ「最近の東宮殿のお手元金の動きはどうだ?」

 

ホン・ゲヒは官僚に聞きました。

 

「大きな支出はありませんね」と答える官僚。

 

ホン・ゲヒ「不審な動きがあればすぐに報告しろ」

 

官僚「はい、大鑑」

 

ホン・ゲヒは官僚に金を渡します。

 

この2人のやり取りを見ていた尚宮は東宮殿のチェ尚宮に報告します。

 

東宮殿の世子の部屋。

 

世子ソン「問題だと?」

 

チェ尚宮「東宮殿のお手元金の動きを探る者がいます」

 

一方、関西の書斎に到着する一行。

 

ミン・ベクサンとチャン・ドンギが到着します。

 

「ようこそお越し下さいました大鑑」

 

鳴砂団の頭目ナ・チョルチュとピョン・ジョンインが出迎えます。

 

ミン・ベクサン「そなたもここに居たのか」

 

元老論の従事官であるピョン・ジョンインの顔を見るミン・ベクサン。

 

ピョン・ジョンイン「成り行きです」

 

「まずは一回りして様子をご覧になっては?」と言われ「そうしよう」と返事をするミン・ベクサン。

 

チャン・ドンギは世子ソンからの手紙をナ・チョルチュに渡します。

 

チャン・ドンギ「邸下からのお手紙です」

 

手紙を受け取ったナ・チョルチュは師匠を案内するようチャン・ドンギに言います。

 

チャン・ドンギは「はい、ご案内します」と言ってミン・ベクサンを案内します。

 

ナ・チョルチュの部屋。

 

ピョン・ジョンイン「邸下は何と?」

 

手紙を読み終えたナ・チョルチュに訊ねます。

 

ナ・チョルチュ「邸下は来月の3日にミン・ウソプを通して平壌に金を送るそうだ」

 

内需司にて。

 

ホン・ゲヒ「東宮殿がまた金を引きだしたのか?」

 

役人に東宮殿の金の動きについて話しているホン・ゲヒの姿がありました。

 

老論首領キム・サンノの家。

 

ホン・ゲヒやキム・ハングたちが集まっていました。

 

貞純王后キム氏の父キム・ハング「私は何をすればよいのですか?」

 

ホン・ゲヒ「関西に行って下さい」

 

キム・ハング「何故、関西に行くのだ?」

 

キム・サンノ「世孫の冊封を防ぐためです」

 

ホン・ゲヒ「うまくいけば世子も廃せます!ミン・ウソプを尾行して下さい」

 

「必ず不審な者と接触するはずです!その瞬間を押さえて下さい!」

 

ホン・ゲヒはキム・ハングにミン・ウソプを尾行するよう言います。

 

王宮の王の部屋。

 

ホン・ゲヒ「お返事を言いに参りました」

 

英祖「それで?どう考えたのだ?」

 

ホン・ゲヒ「世孫の冊封を私は主導しません」

 

英祖「そう答えるか、そうしたら貴様は官服を脱ぐことになるぞ」

 

ホン・ゲヒ「私が官服を脱ぐより世子が降りる方が先になるかもしれません」

 

「それならば世孫の冊封もなかったことになります」

 

英祖「貴様ら、また何か企んでおるな?」

 

ホン・ゲヒ「企んでいるのは私どもではなく東宮殿でございます!」

 

英祖「東宮殿だと?」

 

ホン・ゲヒ「東宮殿はここ数カ月間、関西に金を送っていますがその金は何に使ったと?危険な輩の手に渡ったかもしれません」

 

英祖「危険な輩だと?」

 

ホン・ゲヒ「殿下の暗殺未遂事件があった夜に都城を離れた輩がいました」

 

「私は世子と繋がっている可能性が高いと思います」

 

英祖「何が言いたいのだ?世子が私の息子が私の暗殺を計画中の奴らと通じていると?」

 

ホン・ゲヒ「今ミン・ウソプが世子のお手元金を関西に運んでいます、キム・ハング殿に尾行してもらっています」

 

「今日中に誰の手に渡るのか、分かります!」

 

夜の平安道の平安。

 

ミン・ウソプと従者はある屋敷に入ります。

 

キム・ハングたちはその後を尾行していました。

 

王宮・王の部屋。

 

世子ソンを呼びつける英祖。

 

世子ソン「何か御用でしょうか?」

 

英祖「東宮殿の手元金を関西に送っているそうだな」

 

英祖はソンに訊ねます。

 

平安の屋敷。

 

ミン・ウソプが部屋の扉を開けようとしています。そこへキム・ハングが現れます。

 

キム・ハング「待て!誰かと思ったら宣伝官ではないか!」

 

ミン・ウソプ「府院君がなぜ平安にいらっしゃるのですか?」

 

ミン・ウソプが訊ねると、キム・ハングは罪人を捕える様に指示します。

 

キム・ハング「そなたが金を渡す危険な輩を捕えるために来たに決まっている!すぐに罪人を捕えよ!」

 

キム・ハングが命じると部屋の中に立っていた男を武官たちが取り囲みます。

 

男「無礼者め!一体どういうつもりだ?」

 

高貴な服を着た男はキム・ハングに怒鳴ります。

 

ミン・ウソプ「失礼しました監司、誤解があったようです」

 

ミン・ウソプは男に謝ります。

 

キム・ハング「監司だと?」

 

ミン・ウソプ「この地の監司、チョン・フィリャン令監です」

 

ミン・ウソプに紹介され「本当に監司か?」と驚くキム・ハング。

 

再び王の部屋。

 

世子ソン「私は平安道にいる監司に送金しました」

 

ソンは英祖の問いに答えます。

 

英祖「平安の監司になぜ送ったのだ?」

 

ソン「昨年から飢饉により国中で使者が出ています、特に関西の被害が甚大なのです」

 

「しかし国庫の予算に限りがあるため東宮殿の手元金からねん出しました」

 

英祖「事実か?」

 

ソン「すぐに監司を呼び確かめれば本当かどうかわかります」

 

世子ソンの返答に英祖は疑いの目を向けます。

 

平安道の屋敷。

 

キム・ハング「なぜ隠れて金を運んだのですか?」

 

屋敷の縁側に座る監司にキム・ハングは訊ねます。

 

監司「邸下の命令です、東宮殿のお手元金を関西のみに送ったと知れたら他の地方から妬まれます・・・」

 

「それゆえ邸下は金の出所を隠す様指示されたのです」

 

監司の返答にキム・ハングは頷き、「自分の勘違いだったようだ」と納得して帰って行きました。

 

平安道の屋敷の一室。

 

ミン・ウソプは部屋の中に手紙を差し込みます。

 

ピョン・ジョンインが紙切れを受け取りナ・チョルチュに渡します。

 

ピョン・ジョンイン「何と書かれていましたか?」

 

ナ・チョルチュ「今回は金を送れないそうだ、老論にばれた、他の方法を考えると」

 

翌日、王宮の英祖の部屋。

 

英祖はホン・ゲヒと平安道の監司チョン・フィリャンを部屋に呼びました。

 

英祖「東宮殿の主が送った金を平安道の監司は受けとったか?使い道は飢饉の救済だとか」

 

チョン・フィリャン「おっしゃる通りで御座います、殿下」

 

英祖「わかった、そなたは下がれ」

 

英祖に言われ、チョン・フィリャンは退室します。すると英祖はホン・ゲヒに怒りをぶつけます。

 

英祖「けしからん奴め!貴様は世子を陥れようとするとは!許さんぞ!これは罷免でなく死罪に処しても足らぬ」

 

「だが余は挽回する機会をお前に与える、そなたは賢い故、余が何を望んでいるかわかるはずだ!」

 

ホン・ゲヒは固まって聞いています。

ミオ

ミオ
世子ソンの息子サンの冊封は英祖の見事な手腕で無事に実現する様子。
シオン

シオン
王様ご活躍回でしたね♪

疑いの目

 

王宮の老論の部屋。

 

ホン・ゲヒ「これは東宮殿の罠です!」

 

部屋に入るとホン・ゲヒはキム・サンノに言いました。

 

キム・サンノ「しかし証明する手が無い、一体誰だ?東宮殿の用意周到さは世子1人の仕業ではない」

 

ホン・ゲヒ「平安道の監司チョン・フィリャンは少論の1人です」

 

平安道の監司チョン・フィリャンを怪しいと推察します。

 

チョ・ジェホの家。

 

チョ・ジェホ「よくやった、礼を言うぞ」

 

チョン・フィリャン「少論のためなら強力は惜しみません、各方面から調達した資金があり文書はうまく処理できます」

 

「しかし邸下は関西で何をしておられるのですか?なぜお手元金を関西に流しておられるので?」

 

チョン・フィリャンは疑問を口にします。

 

チョ・ジェホ「そなたにはその内に話す、これからも強力を頼むことがありそうだ」

 

王宮・宣政殿。

 

英祖と重臣たちが集まっています。

 

ホン・ゲヒ「殿下、元孫は元服を行う年齢です、そろそろ世孫に冊封してはいかがでしょうか?」

 

英祖「領相、どう思う?」

 

英祖はキム・サンノに訊ねます。

 

キム・サンノ「私も同じ意見でございます」

 

英祖「そなたら朝臣が口をそろえて元孫の世孫への冊封を勧めるゆえ、意見に従うことにする」

 

王宮の楼閣。

 

英祖と世子ソンが話をしています。

 

英祖「お前は老論の東宮殿への疑いの目に気づいていたはずだ、だから宣伝官を向かわせたのだろう?」

 

英祖はソンに訊ねます。

 

世子ソン「老論からの疑いを晴らすためです」

 

英祖「政治の腕を上げたな、見事だ、臣下との駆け引きも見事だ」

 

「だが心を隠す方法を覚えろ、臣下には絶対に本心を悟られるな」

 

「特に結論の出ていないあやふやな考えは臣下に悟られてはならぬ、さもないと・・・」

 

英祖は優しくソンに言います。

 

世子ソン「臣下に隙を突かれるのですね、私は最近の経験からそれを悟りました」

 

「私はできる限り慎重な姿勢で政治に臨みます、どうか心配しないで下さい」

 

ソンは答えると英祖は頷き笑い、ソンの肩を叩きました。

 

そして英祖とソンは暫く共に景色を眺めていました。

 

そして月日は流れ、2年後。

 

英祖38年(1762年)の東宮殿。

 

何人もの医者が東宮殿に駆けつけます。

 

医者「邸下のご様子は?」

 

チェ尚宮「ひどい高熱です」

 

ジダムは女官と共に庭で控えていました。医者たちは寝殿の中へ入って行きます。

 

世子の寝所。

 

医者「ひどい腫物のため熱が下がらないのです・・・公務はほどほどにお休み下さいと何度も申したはず」

 

御医は世子の背中に包帯を巻いて手当します。

 

英祖の部屋。

 

英祖「そんなに重症なのか?」

 

英祖は御医に世子の様子を訊ねます。

 

御医「煎じ薬が効かぬほどでございます」

 

英祖「そんなに悪化するまで、そなたらは何をしていた!」

 

御医「私は何度も申し上げたのですが・・・」

 

英祖「聞く耳を持たなかったのか?」

 

御医「そうで御座います」

 

英祖「どうやって治すのだ?」

 

御医「湯治がよろしいかと、温泉には治療効果がありますし、しばし公務から離れられます」

 

英祖「温泉か・・・」

 

御医は世子を湯治に出すことを提案します。

ミオ

ミオ
世孫の冊封も無事に行われ英祖とソンの関係も順調に見えました・・・
シオン

シオン
ところが、公務に忙しくしているソンが体調を崩してしまいます!

関西書斎日記

 

世子の部屋。

 

具合の悪い夫を見舞おうと世子嬪がやって来ますが世子は部屋にいませんでした。

 

秘密の扉の前。

 

世子ソンは寝間着姿のままでチャン・ホンギと扉の前にいました。

 

世子の姿を見つけた世子嬪は隠れて様子を窺います。

 

調べ物があると言う世子に対し、自分がやりますと言っているチャン・ホンギ。

 

しかし世子は「お前だと時間がかかるからここで待て」と言いました。

 

チャン・ホンギが屏風を開け秘密の扉を開けます。そして世子ソンは扉の中へ入って行きました。

 

その様子を見た世子嬪は驚きます。

 

世子の部屋。

 

世子嬪は部屋で夫をずっと待っていました。

 

戻って来たよ子ソンは「何の用だ?」と訊ねます。

 

世子嬪は立ち上がり世子ソンの方を振り返ります。

 

世子嬪「お加減が悪いのにどうして書物を読まれるのですか?」

 

世子ソン「今夜中に読みたいのだ」

 

世子嬪「なりません!お休み下さい」

 

世子ソン「具合はよくなった、もう下がってくれ」

 

世子嬪「私が下がるのは邸下が床に入るのを見届けてからです、邸下の身体はお1人だけの者ではありません!」

 

世子ソン「心配いらぬ、腫物のせいで熱が出ただけだ、わかったよ言うとおりにしよう」

 

世子ソンは布団の中に入り目を閉じました。

 

世子嬪はしばらくソンを見つめていました。

 

そして世子が寝たと思った世子嬪は静かに部屋を出て、秘密の部屋に入って行きました。

 

秘密の部屋。

 

世子の秘密の部屋へ入った世子嬪は日記を手に取ります。

 

世子嬪「関西書斎日記?」

 

世子嬪は日記を手に取り読んでみます。

 

翌日の世子嬪の部屋。

 

世子嬪は父ホン・ボンハンに関西書斎日記を見せます。

 

日記を見たホン・ボンハンは驚きます。

 

ホン・ボンハン「邸下がこれをお作りに?これは事実ですか?」

 

世子嬪「どうしたらよいのでしょう・・・」

 

世子嬪は父に相談します。

 

ホン・ボンハン「邸下と殿下に知られる前に私が書斎を潰さねば」

 

世子嬪「邸下が同意するでしょうか?」

 

ホン・ボンハン「もちろん同意なさるはずがない」

 

世子嬪「何をお考えですか?」

 

ホン・ボンハン「邸下の説得は無理です、事実が漏れたら邸下や世孫だけでなく我々ホン氏一族まで破滅します・・・」

 

「幸い邸下は湯治に行かれます、その間に始末しましょう!」

 

しかし世子嬪とホン・ボンハンの会話を別監が聞いており、ホン・ゲヒにこの事が伝えられます。

 

老論の会議室。

 

キム・サンノはホン・ゲヒからの報告を受け喜びます。

 

キム・サンノ「世子を追いだす名分ができたのか?」

 

ホン・ゲヒ「2年前の世孫の件で一杯喰わされて以来、世子周辺に細かい網を張り巡らせておいたのです」

 

「そこに大物がかかりました!」

 

ホン・ゲヒは得意げに話します。

 

キム・サンノ「大物だと?」

 

ホン・ゲヒ「ホン・ボンハンを張れば尻尾を出すでしょう」

ミオ

ミオ
ホン・ゲヒは2年前から仕返ししようと世子や世子嬪、側近に至るまで網を張っていたそうです・・・
シオン

シオン
すごい執念ですね。

関西へ

数日後、平安道の平安の監営。

 

馬に乗ったホン・ボンハンが到着します。

 

剣契西方の頭目フクピョはホン・ボンハンの到着を確認し部下に指示を出します。

 

監営の部屋。

 

ホン・ボンハンはチョン・フィリャンに文書を見せました。

 

ホン・ボンハン「平民や賊民、逆徒の子孫まで書斎に集まって何をしているのですか?」

 

チョン・フィリャンは驚きます。

 

ホン・ボンハン「謀反を企んでるのは明白!その前に討伐せねば、もし反乱が起きたら前兆を見逃がしたとして監司も責任を負わされるでしょう!」

 

そう言ってチョン・フィリャンを脅すホン・ボンハン。

 

平安道、平安の市場ではチャン・ドンギやイ・ダルソンの手配書が配られました。手配書には「逆賊チャン・ドンギ、イ・ダルソン」と書かれています。

 

関西の書斎。

 

ミン・ベクサン「一体どういうことだ?平壌の監営がどうして書斎の人員まで把握しているのだ?」

 

ミン・ベクサンはナ・チョルチュとピョン・ジョンインに聞きます。

 

ナ・チョルチュ「情報が漏れたようです、一体どこから漏れたのか・・・」

 

ピョン・ジョンイン「早く邸下にも知らせた方がよいのでは?」

 

夜、世子の部屋。

 

世子ソンが部屋で読書をしていると石が投げ込まれます。そこへチャン・ホンギが現れます。

 

ソンは石に付いてた手紙を読みます。

 

ソン「平安道の監司が書斎を討伐するだと?どうなっているのだ!」

 

世子ソンは手紙を読み驚きます。

 

チョ・ジェホの家。

 

世子ソンは投げ込まれた手紙をチョ・ジェホに見せます。

 

チョ・ジェホ「官印です、これは平安監司の官印です」

 

世子ソン「書斎の存在をどうして知り討伐を決めたのだろうか?」

 

チョ・ジェホ「すぐに調べます」

 

ソン「いや、私が関西へ行こう」

 

チョ・ジェホ「邸下!」

 

ソン「幸い明日は湯治へ行く日だ」

 

チョ・ジェホ「何をお考えで?」

 

ソン「東宮殿の宮女やそなたの助けがあれば内密に関西へ行けるだろう」

 

チョ・ジェホ「手紙の主も分からぬのですぞ?罠かもしれません!」

 

ソン「調査に時間を費やす内に書斎を討伐されたら取り返しのつかないことになる、何としても関西へ行きます、それが問題解決への近道なのだ・・・」

 

チョ・ジェホ「本当にそこまでする価値があるのですか?」

 

ソン「書斎にいる者たちの生死がかかっているのだ!」

 

そして翌日。世子が湯治に行く日がやって来ます。

 

湯治の行列が進んでいます。そこへ馬に乗り兵を連れたホン・ゲヒが行列を止めます。

 

チョ・ジェホ「「兵判が何の用ですか?」

 

馬に乗ったチョ・ジェホが訊ねます。

 

ホン・ゲヒ「世子様をお見送りに来たのです」

 

そう言うと馬を降りるホン・ゲヒ。行列の中にいるジダムは不安になっています。

 

「取り次げ」と言うホン・ゲヒにチャン・ホンギは「邸下はお休みでございます」と言って断ります。

 

しかしホン・ゲヒは「直ちに取り次げ!」と言って怒ります。

 

チョ・ジェホは馬から降り「兵判、私が伝言を伝えます邸下は高熱のため聞こえないようで・・・」と話します。

 

しかしホン・ゲヒは「中にいないのでは?」と疑い「中を確かめよ!」と叫びます。

 

ホン・ゲヒの指示に数十人の武官たちが剣を抜いて行列に向かいます。チャン・ホンギは焦ります。

 

チョ・ジェホは両手を広げて通せんぼしますが兵士に退けられてしまいます。

 

女官たちの悲鳴が上がります。兵士は勝手に世子の御輿の中を調べます。

 

すると御輿の中には誰もいませんでした・・・

 

王謁見の間。

 

世子が湯治の行列にいないことはすぐに英祖の耳にも入ります。

 

英祖「世子が温泉へ行かなかっただと?一体どこへ行ったのだ?」

 

ホン・ゲヒ「おそらく関西かと思われます、自らの手でお育てになった逆徒を救うためではありませんか?」

 

その頃。世子ソンとミン・ウソプは雪の積もる山道を急いでいました。

 

世子たちはこのピンチをどうにかしようと、馬を走らせていました。

 

第23話へつづく・・・

ミオ

ミオ
書斎の存在がとうとうバレてしまいました!この後どうなってしまうのか・・・
シオン

シオン
ドキドキの続きは韓国ドラマ『秘密の扉』第23話をお楽しみに!

>>無料動画でみる

韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話の見どころ・注目キャスト

 

韓国ドラマ『秘密の扉』第22話の見どころ

 

ミオ

ミオ
韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話の見どころは、
ミン・ベクサンが世子ソンを諭すシーンが実に感動的でした!
シオン

シオン
やはり世子ソンも民と英祖の間に挟まれて苦しんでいたのですね・・・

韓国ドラマ『秘密の扉』第22話の注目キャスト

韓国ドラマ『秘密の扉』第22話ではチェ・ジェゴンが30年後・100年後の未来を見据えていい事を語っていましたね!

 

チェ・ジェゴンは影ながら世子ソンを支えている人物です。最後までソンの傍で支えて欲しいですね♪

ミオ

ミオ
そんなチェ・ジェゴン役を演じているいるのはチェ・ウォニョンです!
シオン

シオン
長身イケメン俳優のチェ・ウォニョンはドラマ『百年の遺産』で共演した女優シム・イヨンと結婚!
ミオ

ミオ
美男美女カップル誕生は話題になりました♪
シオン

シオン
チェ・ウォニョンは重要な役柄を演じることが多く、今回のドラマ『秘密の扉』でも世子ソンを見守るチェ・ジェゴンを好演しています!

>>無料動画でみる

韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話を視聴した人の感想

 

 

 

 

 

>>無料動画でみる

韓国ドラマ『秘密の扉』動画 22 まとめ


今回は韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話のネタバレあらすじや感想、見どころや注目キャストをまとめてご紹介して参りました!

 

また韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話を無料視聴する方法も併せてご案内して参りました!

 

物語はラストに向けてますますヒートアップ!最後まで目が離せません!

 

世子イ・ソンは無事にピンチを回避できるのでしょうか?!今回も続きが気になる終わり方でしたね!

 

韓国ドラマ『秘密の扉』動画日本語字幕第22話の続きが気になった方は、ぜひお得な方法でお楽しみ下さいね♪

>>無料動画でみる

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。 ※本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
徹底比較!韓国(韓流)ドラマおすすめ動画配信サービス(アプリ・サイト)

 

あなたが視聴したいドラマのフル動画を無料視聴できる『動画配信サービス(サイト・アプリ)』をご紹介していきます!

  1. まずは見たい動画があるのか
  2. その他にも楽しめる動画が多くあるのか
  3. 利用したい機能やサービスがあるのか
  4. 無料視聴期間だけ利用したいのか
  5. 無料視聴期間が終わっても利用するなら“コスパ”も

これらを念頭に、動画配信サービスを選んでみるとお得感が味わえるだけでなく、あなたにとって失敗しない動画配信サービスとなりますよ♪

ビデオマーケット
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
毎月540Pの配布で新作や人気の作品をレンタルすることも可能な元祖動画配信サービス。

NHKからフジテレビ系の動画も視聴可能で、旧作国内ドラマに強い印象です。

無料視聴期間 1ヶ月
配信本数 160,000以上
おすすめポイント まとめ買いで50%OFFあり
月額料金 500円〜

ビデオマーケットで無料視聴詳細をみる

ビデオパス
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
au利用者なら最大限お得感を味わえる動画配信サービス。

毎月もらえるビデオコインで新作が無料でレンタルできます。

無料視聴期間 30日間
配信本数 10,000本以上
おすすめポイント 映画館でも割引あり
月額料金 562円〜

ビデオパスで無料視聴詳細をみる

Hulu
https://k-dorapen.love/
海外ドラマ・映画好きには欠かせない動画配信サービス。海外ドラマ・映画だけならダントツでおすすめ!今後、韓国ドラマの配信本数が増えていく予定!?
無料視聴期間 14日間
配信本数 13,000以上
おすすめポイント 新作追加頻度が高い。

追加料金が発生しない

月額料金 933円

Huluで無料視聴する詳細をみる

FOD(フジテレビオンデマンド)
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ

韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ

フジテレビ発の動画配信サービス。フジテレビ番組の見逃し配信はもちろん、80誌以上が読み放題。
無料視聴期間 1ヶ月
配信本数 10,000以上
おすすめポイント 月9ドラマは独占配信!

オリジナルバラエティ番組が超充実!

月額料金 888円〜

FODで無料する詳細をみる

dTV
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
docomoが運営する動画配信サービス。最も低価格な動画配信サービスとして500万人以上の会員数を誇り、韓流・アジアドラマの特集が多く、旧作の韓国ドラマも充実!
無料視聴期間 31日間
配信本数 120,000以上
おすすめポイント ダウンロードも可能で、docomo利用者は圧倒的コスパ!
月額料金 500円

dTVで無料視聴する詳細をみる

TSUTAYA DISCAS
http://k-media.site/
TSUTAYAが運営するネット宅配サービス。延滞金もかかることなく安心して全ジャンルを楽しむことができる。他の動画配信サービスで出てない作品も新旧揃っていることが多い
無料視聴期間 30日間
配信本数 約50,000
おすすめポイント TSUTAYA利用者は断然おすすめ!

レンタルに行く必要も一切なく、Tポイントも貯まる

月額料金 933円〜

TSUTAYA DISCASで無料視聴詳細をみる

U-NEXT
韓国ドラマ動画配信サービスサイトアプリ無料視聴おすすめ
圧倒的人気と信頼のある動画配信サービス。雑誌はもちろん、全ジャンル対応で4台同時再生可能だから大切な人と共有できるコスパの良さが魅力。K-POPなどの音楽番組やライブ映像、バラエティ番組も超充実!
無料視聴期間 31日間
配信本数 120,000以上
おすすめポイント 韓国ドラマは圧倒的作品数

どこにしたら良いのか迷っている方はU-NEXT一択。

リトライキャンペーンもあるから2ヶ月無料視聴も可能!

月額料金 1,990円

U-NEXTで無料視聴詳細をみる

これらの動画配信サービスには全て無料期間がついています!

みたい作品があるところを登録して、解約しながら回ってもいいですよね♪

しかし、これらの無料期間やキャンペーン自体が予告なく変更・終了されることがあります。

あなたもまずは無料期間が最長である今のうちに、試してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
アバター

みお

韓国アイドル・ドラマペンです♡ とにかく韓国情報に敏感なので便利な情報を含めてお届けしています!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秘密の扉 あらすじ 最終回 動画

秘密の扉あらすじ最終回第24話の結末!動画無料日本語字幕フルの視聴は?

秘密の扉 動画 1話

秘密の扉動画1話日本語字幕フル以外も無料視聴する方法は?

秘密の扉 動画 5

秘密の扉動画5話日本語字幕フルの無料視聴!

秘密の扉 韓国ドラマ キャスト 相関図

秘密の扉韓国ドラマキャスト・相関図は?出演登場人物を画像付きで紹介!

秘密の扉 動画 24

秘密の扉動画24話のあらすじネタバレ!無料動画の視聴も!

秘密の扉 見逃し配信

秘密の扉見逃し配信で無料視聴のサイトを比較してみた